市場動向

    2022.01.28

    フルオーダーメイドのプログラミング研修サービス、SAMURAIが提供開始

    マンツーマンでのプログラミング学習スクール「SAMURAI ENGINEER」を運営するSAMURAIは2022年1月18日、法人向けに「オーダーメイド研修サービス」を開始すると発表しました。同日に正式リリースする同サービスは、企業のニーズや達成目標に応じて、プログラミング学習のカリキュラムをフルオーダーメイドで作成できるというものです。社員の異なるITスキルや目標に合わせて研修カリキュラムをカスタマイズできます。「みんな一緒に」ではなく「個人」に寄り添う新しいIT研修のサービスとして提供します。

     SAMURAI ENGINEERは、「マンツーマン」で「オンライン」の学習を特徴とするプログラミングスクールです。今回、法人向けにプログラミング研修サービスの「オーダーメイド研修サービス」を提供開始しました。

     「オーダーメイド研修サービス」では、社員一人ひとりのスキルや課題、なりたい姿に合わせたカリキュラムを、オーダーメイドで作成します。固定のカリキュラムではないため、学習進捗や理解度に応じた進行速度の調整、学習内容の追加などが可能になります。

     例えば、新入社員研修、既存社員のスキルアップやIT系の資格取得など、異なるスキル、異なる目標を持ったそれぞれの社員を対象に、「フルオーダーメイドのカリキュラム」を作成します。また、意欲ある社員のスキルアップを手助けする福利厚生としても利用可能とのことです。

     同サービスについて、以下のような特徴が紹介されています。

    ・現役エンジニアが研修終了まで一気通貫指導
     インストラクターは全員、実務経験を持つプロのエンジニアです。研修の最初から最後まで同じインストラクターが担当します。そのため、社員一人ひとりの学習進捗を理解した上で、効率的かつ確実にスキルを習得できるよう一気通貫で指導することが可能です。

    ・学習コーチングによるサポート
     学習の習慣化をプロのコーチがサポートします。一人ひとりの目標、現在の状況を確認しながら、研修中にぶつかる課題(モチベーション維持、習慣管理、時間管理など)に対して独自メソッドで解決に導きます。そして最短で目標達成ができるようサポートします。

    ・学習管理システムの活用
     同社「オリジナルの学習教材」や、24時間投稿可能な「Q&A」、学習進捗を管理するための「学習ログ機能」などを無制限で利用できます。

    ・学習進捗報告の実施
     必要に応じて、担当インストラクターとの面談を実施可能です(月1回)。人材開発チームや研修管理者に対し、各受講社員の研修の進捗を報告します。カリキュラム進行速度の調整や、研修内容の追加なども相談可能です。

     また同サービスの対象としては、以下のようなニーズが想定されています。

    ・内定者・新卒社員向けプログラミング研修
    ・既存エンジニア向けにAIなどの先端技術習得
    ・エンジニア以外の社員がRPA(Robotic Process Automation)やデータ集計などの業務活用効率化スキルを習得 など

     そして、以下のような企業の要望に応えるとしています。

    ・どんな研修を実施すべきかが分からない
    ・社員のスキルがバラバラで、最適な達成目標の設定が難しい
    ・研修(レッスン)の時間外にもプロに相談できる体制を整えたい など

     同社ではまた、法人向け「メンタリングサービス」も同日にリリースします。これは、企業のDX推進目標の達成や、新規サービスの開発に向けたプロセスを、現役エンジニアがサポートするサービスです。サービスの開発目標が明確な企業が対象です。

     DX化や新規サービス開発を推進する中で、目標や開発したいサービスは決まっているものの、プロジェクトの進め方や実装の方法が分からない企業を、現役のエンジニアがサポートします。また、プロジェクトの進行に合わせて、必要なスキルやノウハウを学ぶことができます。確実かつ最速でプロジェクトを進めつつ、実践的なスキルと自走力を身につけることが可能になっています。

    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向