• TOP
  • ニュース
  • ミロク情報サービス、AI搭載の中堅・中小企業向けERPを発表 - DXマガジン

ニュース

2021.02.16

ミロク情報サービス、AI搭載の中堅・中小企業向けERPを発表

ミロク情報サービスは2021年2月16日、中堅・中小企業向けのERPパッケージ「MJSLINK DX」を発表しました。提供形態はクラウドとオンプレミスで、3月より販売を開始する予定です。

 人工知能(AI)を搭載し、業務効率を高められるのが特徴です。「AI仕訳」と呼ぶ機能を備え、請求書などの取引情報を自動で仕訳できます。「MJS AI監査支援」というシステムとの連携により、仕訳のミスや処理漏れがないかを自動でチェックする機能も備えます。これらの機能により、経理担当者の仕訳作業や確認、入力などの業務負荷を軽減します。
図1:MJSLINK DXのイメージ

図1:MJSLINK DXのイメージ

 なお、「給与大将」「人事大将」「販売大将」「固定資産管理」「リース管理」といったモジュールを用意し、必要に応じて機能を追加できます。財務会計システムである「財務大将」を使えば、金融機関やECサイト、POSレジなどの各システムとAPIを使って取引データを取り込むことも可能です。スマートフォンやタブレットでの利用を想定した業務管理システム「Edge Tracker」も用意します。

 「MJSLINK DX」はクラウド型で提供するほか、自社の要件によってはオンプレミス型を選択できます。

 財務基本システム(スタンドアロン構成)を前提とした場合のクラウド型の月額使用料は1万3700円(税別)から、年間使用料は16万1100円(税別)からです(価格に導入支援サービス、インフラにかかる料金は含まれていません)。
3 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る