DX用語集

2021.11.02

LTV

 LTVは「Life Time Value」の略で、「顧客生涯価値」と訳すマーケティング用語です。一人の顧客が、生涯においてどれだけ自社に利益をもたらしたのかを表す指標です。顧客が自社の商品・サービスなどを利用し始めてから利用しなくなるまでのサイクルで、どれだけの利益につながったのを考えるときに用いられます。

 一般的には、自社商品やサービスのファンで、ロイヤリティの高い顧客ほど「LTVが高い」と言えます。そのため企業は、顧客一人当たりのLTVをいかに高めるかに主眼を置いた施策を検討するようになっています。新規顧客の開拓が難しくなる中、既存顧客の満足度を高めるマーケティング施策に重点を置く傾向が高まりつつあります。具体的には製品・サービスなどの購入単価を引き上げたり、購入頻度を増やしたりするための施策を実施することでLTVを高めます。

 DXにおいてLTVは、新製品・サービスなどの販売促進策を検討する際の考え方として使われます。どのように購入単価を高めるか、購入頻度を増やすか、さらにはサブスクリプションの契約を継続させるかなどの策を検討し、LTV最大化を目指します。

 LTVは「Life Time Value」の略で、「顧客生涯価値」と訳すマーケティング用語です。一人の顧客が、生涯においてどれだけ自社に利益をもたらしたのかを表す指標です。顧客が自社の商品・サービスなどを利用し始めてから利用しなくなるまでのサイクルで、どれだけの利益につながったのを考えるときに用いられます。

 一般的には、自社商品やサービスのファンで、ロイヤリティの高い顧客ほど「LTVが高い」と言えます。そのため企業は、顧客一人当たりのLTVをいかに高めるかに主眼を置いた施策を検討するようになっています。新規顧客の開拓が難しくなる中、既存顧客の満足度を高めるマーケティング施策に重点を置く傾向が高まりつつあります。具体的には製品・サービスなどの購入単価を引き上げたり、購入頻度を増やしたりするための施策を実施することでLTVを高めます。

 DXにおいてLTVは、新規に開発・販売する製品・サービスなどの販売促進策を検討する際の考え方として使われます。どのように購入単価を高めるか、購入頻度を増やすか、さらにはロイヤリティを高めるか、サブスクリプションの契約を継続させるかなどの具体策を検討し、LTVを最大化できるようにします。CRMやMAといったITツールを使い、これらの取り組みを支援するケースも少なくありません。
1 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る