DX用語集・書評

    2022.07.05

    「サイバーフィジカルシステム」って何?【1分で解るDX用語集】

    DXに関連する言葉の中には聞きなれない用語が少なくありません。DXを語るなら、まずはそれらの用語をきちんと理解することが不可欠。そこでDX初心者向けに、DXにまつわる基本的な用語をやさしく解説します。今回は「サイバーフィジカルシステム」。

     サイバーフィジカルシステムとは、現実空間(フィジカル空間)と仮想空間(サイバー空間)が連携するシステムを指します。「Cyber-Physical System」の頭文字を取って「CPS」とも呼ばれます。

     現実空間では、あらゆるデータを取得できるようになっています。センサーを活用し、デバイスから自動でデータを収集することも可能です。荷物を運送するトラックやインフラ施設の稼働状況、医療機器の情報、交通システムなど、PCやスマートフォンに限らず、多くのモノがデータの取得対象になりつつあります。

     サイバーフィジカルシステムは、こうした収集・蓄積するデータを仮想空間で分析し、その結果を実社会に還元して課題解決などに役立てることを目的とします。ビッグデータを分析する技術や高速処理が可能な技術などを駆使し、仮想空間上に大量データを解析するための環境を用意します。

     サイバーフィジカルシステムの考え方は、「デジタルツイン」と基本的に同じです。デジタルツインは仮想空間上に仮想モデルを構築し、現実空間で取得したデータを使ってシミュレーションする用途に使われるのが一般的です。サイバーフィジカルシステムは医療や農業、交通などの社会課題の解決を想定することが少なくありません。各分野のデータを収集、蓄積、分析することでよりよい社会を作り出すことに主眼が置かれています。
    「デジタルツイン」については、こちらの記事を参照ください。
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX用語集・書評