DX用語集

2022.03.24

サステナブル

 サステナブル(Sustainable)とは、人や社会、地球環境の持続可能な発展を指します。「持続する」を意味する「sustain」と「できる」を意味する「able」を組み合わせた言葉で、「持続可能な」とそのままの意味で使われることもあります。

 人口増加や地球温暖化などを背景に、これまでの消費型社会では地球が持たなくなる…。そこで、人々が豊かに暮らし続けられるようにするための取り組みを象徴する言葉として「サステナブル」は使われます。

 もともとは国連の「環境と開発に関する世界委員会」が1987年に発表した報告書「Our Common Future」の中で、「持続可能な開発」や「サステナビリティ」といった考え方が提唱され、「サステナブル」は広く知れ渡るようになります。現在は「持続可能な開発」を達成するための具体的な取り組み目標である「SDGs(Sustainable Development Goals)」と同義で使われることもあります。

 国や社会のみならず企業も賛同し、経済成長や環境破壊、人権問題などの広範な社会課題の解決に乗り出す動きが加速しています。

 サステナブル(Sustainable)とは、人や社会、地球環境の持続可能な発展を指します。「持続する」を意味する「sustain」と「できる」を意味する「able」を組み合わせた言葉で、「持続可能な」とそのままの意味で使われることもあります。

 人口増加や地球温暖化などを背景に、これまでの消費型社会では地球が持たなくなる…。そこで、人々が豊かに暮らし続けられるようにするための取り組みを象徴する言葉として「サステナブル」は使われます。

 もともとは国連の「環境と開発に関する世界委員会」が1987年に発表した報告書「Our Common Future」の中で、「持続可能な開発」や「サステナビリティ」といった考え方が提唱され、「サステナブル」は広く知れ渡るようになります。現在は「持続可能な開発」を達成するための具体的な取り組み目標である「SDGs(Sustainable Development Goals)」と同義で使われることもあります。

 地球規模の取り組みとして、国や社会のみならず企業も賛同し、経済成長や環境破壊、人権問題などの広範な社会課題の解決に乗り出す動きが加速しています。

 DXにおいてサステナブルは、企業の新規事業創出や新たなビジョン策定などの際に検討すべきテーマとして浸透しています。事業として利益を追求するだけではなく、「社会の課題を解決する事業を創出する」「自社のビジョン、理念にSDGsの考え方、取り組みを加える」などを積極的に考える企業が目立ちます。DXの目指すゴールの1つとして「サステナブル」が想定されるようになっています。
1 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る