DX用語集

2021.11.22

ETL

 ETLとは、「Extract」(抽出)「Transform」(変換)「Load」(格納)の頭文字を取った略語で、データを抽出、変換、格納する処理、もしくはこれらの処理を支援するソフトウエアやサービスを指します。

 複数システムが乱立する中、各システムが保有するデータを連携し、一元化したデータを分析・活用するニーズが高まっています。このときデータを取り出したり、分析しやすいよう加工したり、任意のストレージに保存したりする作業が発生します。こうした作業を支援するのがETLツールです。人がデータをcsv形式でダウンロードして任意のストレージにアップロードしたり、データベースに登録し直したりする手間を省けます。複数のSaaSを利用する企業が増える一方で、データを利活用する必要性が増す中、データを容易に抽出・変換・格納できるETLツール導入を検討する企業は少なくないようです。

 DXにおいてETLは、入手したデータを一元化して分析したいというケースで使われることがあります。分析環境であるDWH構築と並行して、データを収集するためのETLを導入する企業も目立ちます。

 ETLとは、「Extract」(抽出)「Transform」(変換)「Load」(格納)の頭文字を取った略語で、データを抽出、変換、格納する処理、もしくはこれらの処理を支援するソフトウエアやサービスを指します。

 複数システムが乱立する中、各システムが保有するデータを連携し、一元化したデータを分析・活用するニーズが高まっています。このときデータを取り出したり、分析しやすいよう加工したり、任意のストレージに保存したりする作業が発生します。こうした作業を支援するのがETLツールです。人がデータをcsv形式でダウンロードして任意のストレージにアップロードしたり、データベースに登録し直したりする手間を省けます。複数のSaaSを利用する企業が増える一方で、データを利活用する必要性が増す中、データを容易に抽出・変換・格納できるETLツール導入を検討する企業は少なくないようです。

 DXにおいてETLは、入手したデータを一元化して分析したいというケースで使われることがあります。SaaS型のCRMやMAツールが保有するデータを、分析基盤であるDWHシステムに移行するときに使うことは少なくありません。分析環境であるDWH構築と並行して、データを収集するためのETLを導入する企業も目立ちます。
1 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る