DX用語集・書評

    2021.11.29

    1分で解る! 今さら聞けないDX用語集【ETL】

    DXに関連する言葉の中には聞きなれない用語が少なくありません。DXを語るなら、まずはそれらの用語をきちんと理解することが不可欠。そこでDX初心者向けに、DXにまつわる基本的な用語をやさしく解説します。今回は「ETL」。

     ETLとは、「Extract」(抽出)「Transform」(変換)「Load」(格納)の頭文字を取った略語で、データを抽出、変換、格納する処理、もしくはこれらの処理を支援するソフトウエアやサービスを指します。

     複数システムが乱立する中、各システムが保有するデータを連携し、一元化したデータを分析・活用するニーズが高まっています。このときデータを取り出したり、分析しやすいよう加工したり、任意のストレージに保存したりする作業が発生します。こうした作業を支援するのがETLツールです。人がデータをcsv形式でダウンロードして任意のストレージにアップロードしたり、データベースに登録し直したりする手間を省けます。複数のSaaSを利用する企業が増える一方で、データを利活用する必要性が増す中、データを容易に抽出・変換・格納できるETLツール導入を検討する企業は少なくないようです。

     DXにおいてETLは、入手したデータを一元化して分析したいというケースで使われることがあります。SaaS型のCRMやMAツールが保有するデータを、分析基盤であるDWHシステムに移行するときに使うことは少なくありません。分析環境であるDWH構築と並行して、データを収集するためのETLを導入する企業も目立ちます。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX用語集・書評