DX用語集

2022.02.17

ビッグデータ(Bigdata)

 ビッグデータとは、企業が分析する用途に使う大量のデータを指すのが一般的です。もっとも正確には、データの量が多いのに加え、種類が多い、データの発生頻度が異なるといった3つの条件を併せ持つデータが該当します。

 企業によるデータ分析といえば、これまでは社内の基幹システムなどが保有する限られたデータが分析対象でした。しかし近年は、基幹システム以外から多くのデータを取得できるようになっています。例えば、顧客のWebサイトの利用履歴、消費者がつぶやいたSNSの投稿内容、天気情報などなど。これらのデータは日々生成され、顧客や市場を分析する重要な指標として使われ出しています。さらにはIoTを使って収集される設備機器の稼働情報、自動車などに取り付けたセンサーから収集される位置情報や速度情報、政府や自治体が保有する公共情報(オープンデータ)など、多くのデータが企業を取り巻き、活用できるようになっています。企業はこれらのデータを活用、分析することで、これまで知り得なかった市場や顧客ニーズの変化や気づきを得られるようになるのです。

 ビッグデータとは、企業が分析する用途に使う大量のデータを指すのが一般的です。もっとも正確には、データの量が多いのに加え、種類が多い、データの発生頻度が異なるといった3つの条件を併せ持つデータが該当します。

 企業によるデータ分析といえば、これまでは社内の基幹システムなどが保有する限られたデータが分析対象でした。しかし近年は、基幹システム以外から多くのデータを取得できるようになっています。例えば、顧客のWebサイトの利用履歴、消費者がつぶやいたSNSの投稿内容、天気情報などなど。これらのデータは日々生成され、顧客や市場を分析する重要な指標として使われ出しています。さらにはIoTを使って収集される設備機器の稼働情報、自動車などに取り付けたセンサーから収集される位置情報や速度情報、政府や自治体が保有する公共情報(オープンデータ)など、多くのデータが企業を取り巻き、活用できるようになっています。企業はこれらのデータを活用、分析することで、これまで知り得なかった市場や顧客ニーズの変化や気づきを得られるようになるのです。

 DXにおいてビッグデータは、市場や消費者の行動や嗜好などを読み取る材料として使われています。多くの企業がビッグデータを対象としたデータ分析に乗り出し、より高い精度で市場の動きやニーズを読み取れるようにしています。膨大な量のデータを管理、分析する基盤を構築したり、これまで入手できなかったデータを取得するシステムを導入したりする企業も増えています。
1 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る