書評

    2022.08.09

    【今、DXで読むべき本】消費者の行動変容を競争優位につなげるメカニズムを解明「イノベーションの競争戦略」

    本を読んで勉強したり知見を深めたりしたい…。しかし時間もないしどんな本を読めばいいのか分からない。そんな人に“読みたくなる”“参考にしたくなる”一冊を紹介します。今回は「イノベーションの競争戦略」。

     DXに取り組む多くの企業が、イノベーションを通じて新たなビジネス創出を模索しています。しかし、イノベーションはそう簡単に起こせません。そもそもイノベーションとは何か。何をもってイノベーションと呼べるのか。多くの人はイノベーションの本質を十分とらえきれずにいるのではないでしょうか。

     本書はこうしたイノベーションについて真剣に向き合いたい人に向く内容です。企業がイノベーションを起こしてどう競争優位を築くのか。そのためのメカニズムを探ります。

     本書ではイノベーションを起こすポイントとして、消費者の行動変容に至る経緯を探ることを提起しています。消費者の価値観の変化などを捉え、そのニーズに応えることで新たなビジネス、ひいては市場を創出できると訴えます。

     こうした変化への対応を競争戦略と位置づけ、そのアプローチや戦略立案にフォーカスしています。イノベーターとして新たなビジネスを打ち出す企業の事例も紹介し、イノベーションや行動変容をより分かりやすく紹介しているのも特徴です。
     (11330)

    information
    書名 イノベーションの競争戦略
    著者 内田和成
    出版社 東洋経済新報社
    発売日 2022年4月8日
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    書評