DX用語集・書評

    2021.11.09

    1分で解る! 今さら聞けないDX用語集【SoR】

    DXに関連する言葉の中には聞きなれない用語が少なくありません。DXを語るなら、まずはそれらの用語をきちんと理解することが不可欠。そこでDX初心者向けに、DXにまつわる基本的な用語をやさしく解説します。今回は「SoR」。

     SoRはSystem of Recordの略で、企業が利用する業務システムの分類の1つです。情報を正確に記録することに主眼を置くシステムを指します。ERPなどの会計システム、生産や販売管理システム、商品管理、人事管理システムなどの基幹系システムが一般的には該当します。

     SoRという言葉は以前からあり、メールやグループウエア、SNSなどの情報のやり取りに主眼を置くシステムを指す「SoE(System of Engagement)」と対比する言葉として使われてきました。SoRはSoEと呼ぶシステムに比べて、信頼性や安定性、堅牢性が求められる、あるいは緻密な要件定義に基づくウォーターフォール開発に向くなどの特徴があります。

     なおDXでは、新サービスを早期開発・展開することが珍しくありません。こうしたサービスを支えるシステムはSoEの特徴を踏まえるのが一般的で、基幹系システムに該当するSoRと区別されます。もっとも、SoEで収集したメールやグループウエアの内容などから必要な情報を保存するシステムはSoRとなります。SoEだけ構築すればいいわけではなく、SoRと連携するシステム像を描くことも当然必要です。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX用語集・書評