DX用語集・書評

    2021.10.15

    1分で解る! 今さら聞けないDX用語集【スマートシティ】

    DXに関連する言葉の中には聞きなれない用語が少なくありません。DXを語るなら、まずはそれらの用語をきちんと理解することが不可欠。そこでDX初心者向けに、DXにまつわる基本的な用語をやさしく解説します。今回は「スマートシティ」。

     スマートシティとは、ITやデジタルを活用して町が抱える課題解決を試みる町づくり、都市計画、またはこうした取り組みを推進する町を指します。新たな町の在り方として、全国の多くの都市がスマートシティを想定した町づくりを模索しています。

     内閣府のWebサイトでは、スマートシティを次のように定義します。
    スマートシティは、ICT 等の新技術を活用しつつ、マネジメント(計画、整備、管理・運営等)の高度化により、都市や地域の抱える諸課題の解決を行い、また新たな価値を創出し続ける、持続可能な都市や地域であり、Society 5.0の先行的な実現の場と定義されています。

     例えば、センサーやAIを使って災害時の被害規模や範囲を予測、通知したり、AIコンシェルジュやチャットボットを使って行政への問い合わせを24時間対応にしたりするケースは少なくありません。そのほか、カメラやAIを活用して渋滞状況の把握、遠隔医療の拡充、タブレットを活用したオンライン学習体制の導入など、住民にとって役立つサービスを創出するケースが目立ちます。エネルギーや医療、防災、教育、観光、産業などのデータを収集・管理する連携プラットフォームを整備し、必要なサービスを容易に創出できる環境を整備する自治体もあります。

     DXにおいてスマートシティは、「スマートシティ化=DX」という関係と言ってもおかしくありません。自治体のDX推進が町をスマートシティ化し、地域改題の解決やイノベーション創出につながると考えられています。現在は実証実験などが多数見られますが、今後はサービスが次々に登場し、デジタルが生活により密着することが想定されます。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX用語集・書評