DX用語集

2021.09.02

IoT

 IoT(アイオーティー)は「Internet of Things」の略で、モノのインターネットと訳します。あらゆるモノがインターネットに接続され、さまざまな情報を取得したり、モノを制御したりする考え方、仕組みを言います。

 これまでインターネットに接続するモノといえば、パソコンや携帯電話など、一部のデバイスに限られていました。しかし、通信技術の向上やセンサー機器の小型化などにより、テレビや冷蔵庫、照明、自動車など、インターネットに接続する対象は増加しています。インターネットに接続することで、遠隔からモノの挙動を監視したり、モノそのものを操作したり、センサーを使って温度や湿度、照度などを調べたりできるようになります。これまで取得困難だった情報を容易に得られ、暮らしの利便性を向上できるといったメリットがあります。

 さまざまなモノから取得できる情報を分析する用途にも使えます。モノが増えれば情報量も増え、より多くのデータに基づく高精度な分析結果を導き出せるようになります。モノの利用頻度や人の行動などを予測し、それらを基に新たなサービスを創出することも可能です。

 IoT(アイオーティー)は「Internet of Things」の略で、モノのインターネットと訳します。あらゆるモノがインターネットに接続され、さまざまな情報を取得したり、モノを制御したりする考え方、仕組みを言います。

 これまでインターネットに接続するモノといえば、パソコンや携帯電話など、一部のデバイスに限られていました。しかし、通信技術の向上やセンサー機器の小型化などにより、テレビや冷蔵庫、照明、自動車、住宅のドアなど、インターネットに接続する対象は増加しています。インターネットに接続することで、遠隔からモノの挙動を監視したり、モノそのものを操作したり、センサーを使って温度や湿度、照度、位置などを調べたりできるようになります。これまで取得困難だった情報を容易に得られ、暮らしの利便性を向上できるといったメリットがあります。

 さまざまなモノから取得できる情報を分析する用途にも使えます。モノが増えれば情報量も膨大になり、より多くのデータに基づく高精度な分析結果を導き出せるようになります。モノの利用頻度や人の行動などを予測し、それらを基に新たなサービスを創出することも可能です。最近では購入履歴、決済履歴、在庫情報、カメラの画像・映像情報、健康情報など、さまざまな情報を収集・分析し、新たなサービス創出に結びつけようとする動きが目立ちます。

 なおDXにおいてIoTは、新規事業、新サービスを支えるテクノロジとして使われることがあります。どんなモノを接続対象にするのか、どんなデータを取得するかなどを考え、そこからサービスを開発するケースが目立ちます。より多くのデータを収集できるプラットフォームを用意し、大量データに基づく分析環境をサービスとして提供する企業もあります。
1 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る