MENU

DX用語集

マスターデータ

  • URLをコピーしました!

マスターデータとは、業務システムなどで使用する基本データを指します。会計システムや顧客管理システムなど、さまざまな業務システムで使用するデータベース共通の情報を指します。「マスター」や「マスタ」と省略して呼ぶのが一般的です。

顧客マスターや商品マスターなど、情報別のマスターデータを用意するのが一般的です。例えば、顧客マスターには企業名や住所、連絡先などの情報を、商品マスターなら商品名や価格、型番などの情報をまとめます。会計システムや営業支援システムで企業名に紐づく番号を入力し、その企業情報を簡単に呼び出すといった用途で使われます。何度も企業名や住所などを入力するといった手間を省けるのが、マスターデータを運用するメリットです。

さまざまな業務システムで使用する基本データとなるため、マスターデータで管理する情報が間違えていると、多くの業務で支障をきたすことになります。それゆえ、マスターデータの精度を維持する取り組みの重要性も増しています。マスターデータを維持・管理する取り組みをMDM(Master Data Management)と呼びます。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる