DX用語集

2022.09.15

仮想化

 仮想化とは、CPUやメモリ、ストレージといったサーバーのハードウエアリソースを抽象化する考え方、技術を指します。物理的なハードウエアリソースを抽象化することで、ソフトウエアで制御、運用できるようにします。

 例えば100GBの容量を持つストレージがあったとします。これを仮想化すると、10GBの容量を持つストレージを10台用意したり、20GBのストレージを3台、10GBのストレージを4台用意したりといったように、物理的には分割不可能なストレージを柔軟に分割、運用できるようになります。容量の無駄を省いたり、リソースを有効活用したりできるのがメリットです。

 CPUやメモリといったリソースも仮想化により、必要なリソースで仮想サーバーを構築できるようになります。仮想化技術を活用することで、サーバーを集約して導入コストを抑えられる、古いOS上でしか稼働しないシステムを仮想環境上で運用し続けられるなどのメリットを見込めます。

 仮想化するには、専用の仮想化ソフトウエアを使うのが一般的です。サーバーのほか、ネットワークやデスクトップ(PC)を仮想化する技術、サービスもあります。

 仮想化とは、CPUやメモリ、ストレージといったサーバーのハードウエアリソースを抽象化する考え方、技術を指します。物理的なハードウエアリソースを抽象化することで、ソフトウエアで制御、運用、管理できるようにします。

 例えば100GBの容量を持つストレージがあったとします。これを仮想化すると、10GBの容量を持つストレージを10台用意したり、20GBのストレージを3台、10GBのストレージを4台用意したりといったように、物理的には分割不可能なストレージを柔軟に分割、運用できるようになります。容量の無駄を省いたり、リソースを有効活用したりできるのがメリットです。なお、100GBのストレージを10台用意し、1TBの1台のストレージに見たてることもできます。物理的な容量を上回るストレージを仮想的に作成するといったことも可能です。

 CPUやメモリといったリソースも仮想化により、必要なリソースで仮想サーバーを構築できるようになります。仮想化技術を活用することで、サーバーを集約して導入コストを抑えられる、古いOS上でしか稼働しないシステムを仮想環境上で運用し続けられるなどのメリットを見込めます。

 なお仮想化するには、専用の仮想化ソフトウエアを使うのが一般的です。サーバーリソースのほか、ネットワークやデスクトップ(PC)を仮想化する技術、サービスもあります。
1 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る