MENU

DX用語集

4K

  • URLをコピーしました!

4Kとは、テレビやモニタなどの解像度を表す言葉です。画面の横が約4000ピクセル(画素)となる解像度を4Kと呼びます。横3840ピクセル×縦2160ピクセルの解像度となるテレビやモニタは、一般的に4K対応などと呼ばれます。

テレビやモニタは一般的に、ピクセル(画素)が多いほどきれいに表示されます。例えばPC用モニタの場合、横1920ピクセル×縦1080ピクセルの解像度を備えるものが多くあります。4K対応モニタの場合、横と縦のピクセルがそれぞれ2倍となります。それだけ細かい描写や表示が可能となります。

もっとも4K対応のモニタやテレビを購入するだけでは、4Kのきれいな映像などを楽しめるわけではありません。4Kの高解像度に対応したコンテンツを用意しなければなりません。最近は4Kの高画質を売りにする映像配信サービスが登場するなど、4Kによる視聴環境は整備されつつあります。さらに最近は、4Kを上回る8K対応(一般的に横7680ピクセル×縦4320ピクセル)モニタも登場しています。コンテンツは少ないものの、徐々に8Kを売りにする動画が散見されるようになっています。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる