DX用語集・書評

    2021.10.29

    1分で解る! 今さら聞けないDX用語集【リスキリング】

    DXに関連する言葉の中には聞きなれない用語が少なくありません。DXを語るなら、まずはそれらの用語をきちんと理解することが不可欠。そこでDX初心者向けに、DXにまつわる基本的な用語をやさしく解説します。今回は「リスキリング」。

     リスキリング(Reskilling)とは、事業や業務の変化に対応するために必要な新たなスキルを習得すること、もしくは企業が従業員に新たなスキルを習得させることを言います。

     IT化やデジタル化が加速したことで、仕事の進め方や業務そのものが大幅に変わることは珍しくなくなりました。しかしこのとき、過去の経験や習得済のスキルだけでは、仕事を進められない、業務をこなせないといったケースが起こりえます。そこで、新たな環境に対応するスキルを習得する(習得させる)機運が高まりつつあります。特に、新たなスキルを習得した非技術系人材を技術職に移行し、不足しがちなITエンジニアを拡充させる企業が目立ちます。

     例えば、事業部門の担当者がWebサイトを構築したり、データを可視化するBIを操作したりすることがあります。しかし、「Webサイトに詳しくない」「データを収集する方法が分からない」という担当者もいるでしょう。こうしたとき、Webサイトの設計ノウハウや、データを収集・連携するプログラムを習得し、新たに求められる業務に対応できるようにします。

     DXにおいてリスキリングは、DXを推進する人材を育成するための戦略、手段として認知されつつあります。ITやデジタル技術を駆使して新規事業やイノベーションを創出するといったDXは、必ずしも過去に習得したスキルだけでは成しえません。そこで多くの従業員が自社のDX化を見据え、新たなスキルを習得するようになっています。企業が従業員のスキル再開発を支援する動きも顕著です。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX用語集・書評