DX用語集

2022.10.19

ワークシェアリング

 ワークシェアリングとは、雇用を労働者同士で分け合うことをいいます。雇用創出が目的で、そのための施策や取り組みを指すこともあります。

 一部の働き手に仕事が集中するのを避け、働き手の健康を維持する狙いもあります。さらに、失業率の低下を図る狙いもあります。こうした効果を見込めることから、ワークシェアリングの考え方が注目され始めています。

 例えば、一人あたりの労働時間を短くし、複数人で労働を分ける取り組みがワークシェアリングです。企業にとっては多くの人の雇用機会を創出する取り組みがイメージアップにつながります。高負荷な業務ではない点も評価されます。

 働き手にとっては労働時間短縮により、適正なワークライフバランスを実現しやすくなります。

0 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る