DX用語集・書評

    2022.01.20

    1分で解る! 今さら聞けないDX用語集【DWH】

    DXに関連する言葉の中には聞きなれない用語が少なくありません。DXを語るなら、まずはそれらの用語をきちんと理解することが不可欠。そこでDX初心者向けに、DXにまつわる基本的な用語をやさしく解説します。今回は「DWH」。

     DWHとは、データウェアハウス(Data Ware House)の略で、データを分析するためのデータ保管・蓄積システムを指します。

     DWHは、社内のさまざまなシステムが保管するデータを収集・統合し、分析用途に活用できるようにするためのシステムです。データを保管するデータベースですが、顧客や販売実績などのデータを管理するデータベースと違い、検索や分析機能に特化しているのが特徴です。過去の膨大な販売実績をもとに、どんな商品がいつどのくらいの売れたのかなどを探るのに使われることがあります。

     なお、販売管理や生産管理などの各システムのデータをDWHに移すためには、ETLツールを使うことがあります。さらには、分析結果を分かりやすく可視化するのにBIツールを利用するのが一般的です。DWHを軸に分析環境を構築するには、こうした他のツールの導入も検討する必要があります。

     DXにおいてDWHは、データ分析の重要性が高まる中、多くの企業が導入、もしくは導入を検討しています。最近はクラウド型DWHを利用し、ハードウエアを持たない運用形態が主流になりつつあります。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX用語集・書評