新製品・サービス

    2021.07.19

    パーソルイノベーション、日本マイクロソフトと従業員のリスキリングを支援

    パーソルイノベーションは2021年7月19日、日本マイクロソフトとデジタル人材の育成で協業することを発表しました。パーソルイノベーションの法人向けコーチングサービス「学びのコーチ」を使い、従業員のリスキリング(学び直し)を支援します。

     労働人口が年々減少する中、「リスキリング」の必要性が高まっています。とはいえ、人材育成のための研修やプログラムは十分整備されていない、日本人の自律的な学びが不足しているといった課題があります。こうした課題解消に向け、両社は協業します。

     「学びのコーチ」というリスキリングに特化したオンラインコーチングサービスを活用し、パーソナライズしたキャリアコーチングとラーニングカリキュラムを実施できるようにします。“個別最適”の形でリスキリング実現を支援します。両社は協業で以下の取り組みを進めます。

    1.コーチングを通じた「学び」/「学びのコーチ Microsoft Skilling Partnerプログラム」 提供開始
     パーソナライズしたキャリアコーチングとラーニングカリキュラムでクラウド人材を育成します。

    2.コミュティを通じた「学び」/Microsoft「スキルチャレンジ」と「学びのコーチ」の協業
     日本マイクロソフトの提供するゲーミフィケーションを取り入れた無償のラーニングプログラム「クラウドスキルチャレンジ」を利用したラーニングコミュニティを、「学びのコーチ」で活用します。

    3.より良い「学び」の研究/Microsoftキャリアマップの共同研究・開発
     キャリアの体系的な解説を通じてキャリアコーチングの効果をより高めるため、「学びのコーチ」のキャリアコーチングのノウハウと日本マイクロソフトの持つスキリングノウハウを活用し、キャリアの体系化な開発を進めます。

     なお日本マイクロソフトは、2023年までに15万人のクラウド&AIにおける認定資格取得者の創出を予定しています。本協業を通じて2025年までに高度デジタル人材を新たに2万人創出することを目指します。

     日本マイクロソフトとパーソルイノベーションは、今回の協業をきっかけに連携を強め、日本のDX推進に向けた支援を進めます。 パーソルイノベーション今後、Microsoft Power Platformなどをターゲットにしたビジネス系人材のデジタルスキル醸成にも取り組む予定です。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    新製品・サービス