寄稿・連載

    2021.11.16

    【DXスタートアップ革命 第12回】スキマ時間に働きたいという人向けの求人情報提供、企業の採用業務簡略化やコスト削減にも寄与

    DXで事業を創出、もしくは事業を拡大した企業はどんな点に気を付け、成功へと突き進んだのか。第12回は、働き手の空き時間に着目したサービスを展開するタイミー。業界の課題にどう切り込み、DXをどう進めていったのか。同社の取り組みを紹介します。なお、本連載は日本経済新聞出版「DXスタートアップ革命」の内容をもとに編集しております。

     スキマ時間を使ってアルバイトしたい……。時間を有効活用して収入を得たい人の思いを実現するのがタイミーです。同社が開発するスキマバイトサービス「Timee」は、好きな時間に手伝いに行く感覚で、短時間だけ働けるのが売り。同社 代表取締役の小川嶺氏は、「日本で一番気軽に始められる副業サービス」であることを強みにします。

     さらに同氏はサービスのメリットとして、「余暇にスマートフォンを触っている時間を社会貢献などに役立てたいと思う人は少なくない。しかし、数時間だけ役立てるのはこれまで難しかった。こうした人の意欲“潜在労働力”をサービス提供によって喚起できる」とアプリを訴求します。なお求人内容は、物流(倉庫内のピッキングや仕分けなど)、小売(スーパーの品出しなど)、飲食(接客や厨房業務など)の3分野がメインで、人が現場で働く仕事が中心です。

     求人を出す企業側も、採用業務の簡略化や採用コスト削減などのメリットを見込めます。従来のアルバイト採用フローは、求人情報を出して人材を募集し、長期間働いてもらうことを想定するものが大半でした。しかし、「人手不足や残業NG、週休3日などの制約が増え、人材を獲得するのが難しくなっている。企業は少ない募集から採用しなければならないリスク、すぐに離職されるリスクにも直面し、働きたい人のニーズを満たすことも求められるようになった」と、現状に合う採用条件やフローを構築すべきと同氏は説明します。本サービスでは、アルバイト人材の労務管理や給与計算、銀行振り込みなどの手続きを同社が代行し、さらに雇用契約はオンラインで、出退勤もQRコードを使って把握できるようにするなどの工夫も施します。

     これまでの契約企業は約2万社、導入店舗は約4万4000店。登録ワーカーは200万人に及びます。特に最近は新型コロナウイルス感染症の影響で、副業したい会社員の割合が増え、現在は4割以上を占めているといいます。

     同社は今後、転職や創業、後継支援などの取り組みも視野に入れます。「これまで絶対触れ合うことのない人や仕事と交わることで、自分に向く仕事を見つけられることもある。新しいことにチャレンジしたい人に、出会いをたくさん創出できるようにしたい」(小川氏)と意気込みます。さらに、「タイミーがあるから安心と言ってもらえる、ナンバーワンのインフラを目指す」と、今後のビジョンも見据えます。
    Information
    企業/団体名 株式会社タイミー
    所在地 東京都豊島区
    事業内容 アプリケーションの企画・開発・運営
    取り組む課題 スキマ時間に働きたいと考える人にマッチする求人を提供したい、企業のアルバイト管理や採用業務を簡略化したい
    解決策 スキマ時間に働きたい人向けの求人アプリを開発するとともに、契約業務や給与計算などを簡略化して企業のアルバイト管理を効率化するサービスを提供する
    本連載は、日本経済新聞出版刊行の「DXスタートアップ革命」の内容を一部編集したものです。
    日本経済新聞出版「DXスタートアップ革命」(守屋実監修)
     (5622)

    筆者プロフィール
    守屋実
    1992年、ミスミ入社、新規事業開発に従事。2002年、新規事業の専門会社エムアウトをミスミ創業者の田口弘氏と創業、複数事業の立ち上げと売却を実施。2010年、株式会社守屋実事務所を設立。新規事業創出の専門家として活動。ラクスル、ケアプロの立ち上げに参画、副社長を歴任後、ジーンクエスト(ユーグレナグループ)、プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会、サウンドファン、ブティックス、SEEDATA(博報堂グループ)、AuB、みらい創造機構、ミーミル(Uzabase グループ)、JCC、テックフィード、キャディ、セルムなど数々の企業の役員、理事などを歴任。JR東日本スタートアップのアドバイザー、JAXA上席プロデューサー、博報堂フェロー、内閣府の有識者委員などを務める。2018年にブティックス、ラクスルを2カ月連続で上場に導く。著書に『新しい一歩を踏み出そう! 』(ダイヤモンド社)。近著は『起業は意志が10 割』(講談社)。
    5 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    寄稿・連載