MENU

書評

【今、DXで読むべき本】自治体DXの勘所をまとめた「DXで変える・変わる 自治体の「新しい仕事の仕方」 推進のポイントを的確につかみ効果を上げる!」

  • URLをコピーしました!

本を読んで勉強したり知見を深めたりしたい…。しかし時間もないしどんな本を読めばいいのか分からない。そんな人に“読みたくなる”“参考にしたくなる”一冊を紹介します。今回は「DXで変える・変わる 自治体の「新しい仕事の仕方」 推進のポイントを的確につかみ効果を上げる!」。

 自治体のDXに特化した内容です。自治体がDXに取り組むときに気を付ける点、ツールを導入するときのポイントやセキュリティの考え方、自治体職員の働き方改革を見据えた仕事の取り組み方などを知りたい人に向く内容です。  なぜ自治体ではDXで仕事のやり方を見直さなければならないのかから始まり、具体的なDXのアプローチ、DXによって職員、ひいては住民が納得する仕事のやり方までを提起します。ツール導入に限ると、自治体への導入が目立つAIやRPAといった代表的なツールの効果や導入時の注意点などに触れています。自治体の導入事例にも触れ、どんな効果を見込めるのかも解説しています。自治体でIT導入プロジェクトを担当する人に役立つ内容です。  一方、自治体ならではの視点としてセキュリティ対策も詳しく触れています。DX推進で見落としがちな情報セキュリティの基本や具体的な対策を紹介します。  なお著者である髙橋邦夫氏は元自治体職員。自身の体験や実践も踏まえ、自治体が取り組むべきDXを考察しています。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI TV
  • DXセミナー

メルマガ登録

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる