人材・組織

    2022.02.08

    日本電子専門学校がDXスペシャリスト科を新設、2023年4月に定員40名で開講

    学校法人電子学園は2022年2月7日、運営する日本電子専門学校に「DXスペシャリスト科」を新設することを発表しました。デジタル技術を浸透させるための人材育成に乗り出します。開講は2023年4月で、店員は40人です。

     DXスペシャリスト科では、DX社会に活躍するのに必要なデジタル活用、アプリ開発、Webシステム、ネットビジネス、マーケティングなどを学びます。授業を通じ、ITパスポートやMicrosoft Office Specialist(MOS)、CompTIA IT Fundamentalsといった資格の取得を目標にします。

     一方、目指す職種は、ビジネスデザイナー(DXデザイナー)、企画、営業、事務、販売、テクニカルサポート、システム運用・保守です。医療・物流・建築・スポーツなどのあらゆる業種のDXに対応する人材を育成します。
    図1:DXスペシャリスト科のイメージ

    図1:DXスペシャリスト科のイメージ

     次の3つのポイントに主眼を置いた授業を実施します。
    ・「デジタル技術」+「ビジネス知識」。企業のDXを推進するデジタル人材を育成
    デジタル技術やビジネス知識、業務効率化やコスト削減、新しい事業価値や顧客体験を生み出すビジネスモデルの変革など、DXに不可欠な技術、知識を学びます。

    ・就職後のテレワークに対応。実践的なオンライン授業中心の学習
    通勤不要で時間的負担が軽減され、仕事に取り組みやすい働き方として多くの企業が導入し、今後さらに導入が加速することが予想されるテレワークに対応したオンライン授業を中心に学びます。

    ・「産学連携」+「資格取得」。即戦力となる確かな技術が身につく
    実際の社会、企業におけるDXの取り組みを学ぶことや、DX推進の基礎となるIT、経営全般の知識を証明する国家資格「ITパスポート」を取得することで、就職活動を優位に進めることができます。

     なお、詳細な募集要項などは、2022年4月以降に公式サイトや入学案内書で公開する予定です。
    3 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    人材・組織