人材・組織

    2022.06.27

    組織の課題解決を担える“デザイン型”人材を育成するサービスを提供

    UXデザインなどを手掛けるアジケは2022年6月20日 、デザイン型人材を育てるサービス「Dods」の提供を開始しました。自社や顧客の課題やニーズを特定し、組織の課題解決をできる人材の育成を目指します。

     社会の「デジタル化」に伴い、誰もが抽象的な課題に向き合わなければならなくなっています。そのため、組織として課題解決や事業創出ができる、「デザイン型の人材」の育成環境を作るニーズが高まっています。

     アジケでは今回、そのような企業のために「デザイン型組織/デザイン型人材」を育成するサービス「Dods(Design organization development service)」の提供を開始するということです。

     「Dods」は、デザイン型人材を必要としている企業に向けたサービスです。同社によればデザイン型人材とは、自社や顧客の課題やニーズを特定し、解決できる人材です。

     同社ではこれまで多くの企業の課題の解決を支援してきており、その知見や人材育成のノウハウを持っています。その知見や手法を提供し、組織として課題解決のできる「デザイン型人材」を育成できる仕組みを構築します。
    図1:Dodsが提供するデザイン型人材育成サービスの分類

    図1:Dodsが提供するデザイン型人材育成サービスの分類

     具体的に、Dodsでは、顧客視点を持ち、不確実性の高いゴールに向かって、検証や改善のサイクルを回すことができる「デザイン型人材」を育成します。そしてそのマインドセットの醸成から支援を行うサービスです。
    図2:Dodsサービスの紹介

    図2:Dodsサービスの紹介

     同サービスでは、個人に対し、以下のことを行います。

    ・実践経験が豊富なUXデザイナーがコーチとなって、講義やワークショップ、コーチングを通して受講者のスキルの現在地を明確にし、実務で実践するためのアクションをサポートします。

     また、組織に対しては、以下のことを行います。

    ・デザイン型人材の育成方法や評価する指標を提供し、デザイン型組織としての土壌を作ることで、事業成果につなげるサポートを実施します。

     一過性の人材育成ではなく、組織として「デザイン型人材」を育てる土壌を作るために、個人と組織の両方へアプローチします。そして、評価制度の構築支援や、デザインプロセスの構築など、再現性の高い仕組みを提供します。
    図3:Dodsの全体像

    図3:Dodsの全体像

     同サービスでの主な提供内容として、以下が挙げられています。

    ・デザイン型人材としてのマインドセット講義
    ・サービスデザイン/課題発見の体験型ワークショップ
    ・オリジナル実践テーマのアウトプットに対するフィードバック
    ・スキル評価、フィードバック、アクションプランの設定
    ・実務ベースでのプロセスやアウトプットに対するフィードバック
    図4:Dodsの人材評価指標の一例

    図4:Dodsの人材評価指標の一例

     なおアジケでは、同サービスについてのオンライン個別相談会を開催します。概要は、以下の通りです。
    同サービスが対象とする企業の課題 ・「新規事業部門の人材育成に悩んでいる」
    ・「デザインチームを作りたいが何からはじめていいかわからない」
    ・「顧客視点で事業やサービスの課題や改善を考えられる人材を育成したい」
    ■個別説明会 予約枠(1時間) 2022年7月21日(木)10:00〜12:00
    2022年7月22日(金)10:00〜12:00
    2022年7月28日(木)10:00〜12:00
    2022年7月29日(金)10:00〜12:00
    ■参加者 管理職、実務担当者の方の2名でご参加ください
    あわせて読みたい編集部オススメ記事
    14 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    人材・組織