MENU

sn

【80年代の伝説テクノポップYMO5曲】令和の今も新しい!誰もが聞いたことある、世界で聞かれているあのYMOのメロディ

  • URLをコピーしました!

1980年代、日本を代表するテクノポップバンド、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)が世界に放った革新的なメロディは、今もなお多くの人々に愛され続けています。細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏の3人からなるYMO。その音楽は、時代を超えて新鮮さを保ち、幅広い世代に影響を与えています。ここでは、YMOの代表曲5曲をピックアップし、その魅力に迫ります。

ライディーン

出典:Amazon.co.jp

1979年(昭和54年)にリリースされた「ライディーン」は、YMOの代表曲の一つです。この曲は、エレクトロニックミュージックの先駆けとして世界的に評価され、斬新なサウンドが今も多くのリスナーを魅了しています。エキゾチックなメロディラインが特徴的で、聴く者を未来的な音楽の世界へと誘います。YouTube動画には「音楽史に燦然と輝く屈指の名曲」「この曲は人生に彩りを与えてくれた」と称賛のコメントが日本語や英語を中心にあふれています。

テクノポリス

出典:HIP TANK RECORDS

1980年(昭和55年)にリリースされた「テクノポリス」は、YMOのテクノサウンドを象徴する楽曲です。この曲は、当時の先進的な都市像を音楽で描いており、電子音の響きが未来都市を思わせる独特の雰囲気を持っています。テクノポップの金字塔とも言えるこの曲は、今でも多くのファンに愛されています。この曲のファンからは「何歳の人が聞いても未来を感じる音楽」「40年以上前の曲とは信じられない」といったコメントが寄せられています。

東風

出典:Amazon.co.jp

1981年(昭和56年)にリリースされた「東風」は、YMOのアジアンテイスト溢れる楽曲です。この曲は、伝統的な日本音楽の要素とエレクトロニックミュージックが融合した独特の響きを持ち、YMOの音楽的多様性を示しています。聴く者を魅了する独創的なサウンドは、YMOの深い音楽性を感じさせます。動画サイトでは、本曲の再生回数は合計400万以上に達しており、「鳥肌が立った。衝撃的な曲」「何度も聞きたくなる中毒性」と、若い世代からも絶賛されています。

君に胸キュン

出典:Amazon.co.jp

1983年(昭和58年)にリリースされた「君に胸キュン」は、YMOのポップな一面を見せる楽曲です。この曲は、キャッチーなメロディと遊び心のある親しみやすい歌詞が特徴で、幅広い年齢層から支持を受けています。当時の日本の音楽シーンに新しい風を吹き込んだこの曲は、今でも多くの人に愛されています。「なんでこんなにポップで素晴らしいの!?」「透明感のある歌声が大好き」と、YouTubeで新しくファンになった人たちからのコメントが寄せられています。

過激な淑女

出典:Amazon.co.jp

1981年(昭和56年)にリリースされた「過激な淑女」は、YMOの実験的な試みが光る楽曲です。この曲は、従来のテクノポップの枠を超えた、斬新なアプローチが特徴です。中森明菜のシングル曲として企画されましたが実現せず、YMO自身のシングル曲としてリリースされました。電子音と生楽器の融合が生み出す独創的なサウンドは、YMOのアーティスティックな一面を表しています。「キザでだけどノーブルでかっこいい」「YMOで1番好きかも」といったコメントとともに、動画サイトではメンバーによる印象的な振り付けも愛されています。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI TV
  • DXセミナー

メルマガ登録

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる