MENU

sn

【80年代〜90年代初めの邦楽テクノポップ5曲】今も聞きたいな♡YMO後から日本でテクノポップヒット曲が花盛り!

  • URLをコピーしました!

80年代に日本ではテクノポップが一大ブームを巻き起こしました。YMOの活躍をきっかけに、テクノポップは若者を中心に人気を集め、数多くのヒット曲が生み出されました。今回は、そんな80年代〜90年代初めの邦楽テクノポップから、今もなお聴きたくなる5曲をご紹介します。

「春して、恋して、見つめて、キスして」(ポータブル・ロック)

出典:Amazon.co.jp

ポータブル・ロックの「春して、恋して、見つめて、キスして」は、1995年(平成7年)のリリース曲です。90年代のテクノポップシーンを彩る名曲で、春の訪れを感じさせる爽やかなメロディーと、心躍る歌詞が特徴です。デジタルとアナログの融合が生み出す独特のサウンドは、聴く者を当時の雰囲気に引き戻します。今聴いても色褪せない魅力があります。

「ジェニーはご機嫌ななめ」(ジューシィ・フルーツ)

出典:Amazon.co.jp

1980年(昭和55年)リリースの「ジェニーはご機嫌ななめ」は、80年代初頭のテクノポップシーンを代表するジューシィ・フルーツの曲です。後にPerfumeややくしまるえつこによってカバーされるなど、長い間愛され続けています。軽快なリズムとキャッチーなメロディーが特徴です。当時の流行を象徴する曲として、今でも多くのファンに親しまれています。「男性陣のハーモニーがすごくきれい」「脳ミソがシェイクされるような衝撃」と、YouTubeでも多くの人がコメントを寄せています。

「すみれ September Love」(一風堂)

出典:Amazon.co.jp

1982年(昭和57年)にリリースされた一風堂の楽曲「すみれ September Love」は、YMOのファンにも親しまれています。特に、ボーカルの土屋昌巳はYMO好きの心もつかみ、愛されました。この楽曲は、一風堂の6枚目のシングルとして発表されました。TikTokでも「今見てもかっこいいし、音楽もすごい」「中学生の頃、この髪型真似したなぁ」などなどのコメントが寄せられ、今でも多くの人が聴いていることが伝わります。

「ロマンティックが止まらない」(CCB)

出典:Amazon.co.jp

CCBの「ロマンティックが止まらない」は、1986年(昭和61年)のリリース曲で、80年代のテクノポップシーンを象徴する楽曲です。独特のシンセサウンドとポップなメロディが特徴で、聞く人を楽しい気分にさせます。当時の青春を彩る歌詞とメロディーは、今聴いても新鮮で、心を躍らせる魅力を持っています。1980年代のカラフルで爽やかな音楽風景を代表する一曲です。動画サイトでは「父親が車の中で流しててめちゃ好きになった」「金曜の晩に聴くとテンション上がる」と、若い世代からも人気です。

「東京は夜の7時」(ピチカート・ファイヴ)

出典:Amazon.co.jp

ピチカート・ファイヴの「東京は夜の7時」は、90年代初頭の日本のテクノポップシーンにおける名曲です。リリースは 1990年(平成2年)。洗練された都会的なサウンドと、心地良いボーカルが特徴です。この曲は、夜の東京を舞台にした都会的なロマンスを描き、聴く者を魅了します。最近のアーティストによるカバーも多く、2021年にはキューバでもカバーされています。時代を超えて愛されるそのスタイルとメロディーは、現代においても多くのファンに支持されています。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI's経営者インタビュー
  • DXセミナー

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の
「頭文字」からお探しください。

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントとなる記事やウェビナーを毎月約100本発信しています。

忙しい人のため、編集部が厳選した重要トピックスを無料のメールマガジンで毎週お届けします。DX推進に役立つ最新ウェビナーや動画コンテンツもお知らせします。

ぜひ、下記フォームよりご登録ください。

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる