DX用語集

    2021.12.20

    1分で解る! 今さら聞けないDX用語集【BI】

    DXに関連する言葉の中には聞きなれない用語が少なくありません。DXを語るなら、まずはそれらの用語をきちんと理解することが不可欠。そこでDX初心者向けに、DXにまつわる基本的な用語をやさしく解説します。今回は「BI」。

     BIとは、ビジネスインテリジェンス(Business Intelligence)の略で、データを分析・可視化し、業務や経営の意思決定に役立てる取り組み、または仕組みを指します。データの分析結果を可視化するソフトウエアやSaaSを「BIツール」と呼びます。

     データ活用の必要性が叫ばれる中、多くの企業がさまざまなデータを収集、分析する環境づくりを進めています。BIは、こうして集めたデータの分析結果をもとに、今後の事業計画を立案したり、製品の製造数を決めたりするときに使います。例えば、有効な事業計画を立案するときに参考すべきデータは何か、過不足なく製造数を決めるためにはどんなデータを参照すべきかなどを考えなければなりませんが、こうした指標づくりもBIの取り組みに包含されます。

     一方、データを可視化するBIツールは、グラフや図、マップなどを使ってビジュアル的にデータを分かりやすく表示するものが主流です。データを直感的に把握しやすくし、データ分析に不慣れた経営者でも、データの推移や今後の予測を立てやすくします。

     DXにおいてBIは、データ分析・活用ニーズの高まりとともに重要性が増しています。多くの企業がデジタル化に舵を切る中、企業はこれまで以上に膨大なデータを取得できるようになっています。これらデータを使い、より精緻で高精度な事業予測に踏み出す企業は少なくありません。DXによる新規事業の今後を予測する手段として、BIに取り組むケースが目立ちます。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX用語集