DX用語集

2022.02.10

WMS

 WMSとはWarehouse Management Systemの略で、倉庫管理システムを指します。物流業界を中心に使われる言葉です。

 WMSは倉庫での各種業務を一元管理するシステムです。商品などの入荷や出荷、在庫、棚卸、帳簿発行などを管理する機能を備え、倉庫業務の効率を高める目的で使われます。最近はすぐに納期回答できるよう、リアルタイムで在庫数や出荷可能数を把握できるシステムも増えています。さらには、在庫がいつごろ切れそうか、どの商品の保管期間が長くなりがちかなど調べる在庫分析機能を備えるものも少なくありません。RFIDと呼ぶ非接触技術を使ったシステムと連携し、棚卸の作業時間短縮を図れるものもあります。

 DXにおいてWMSは、サプライチェーンを効率化する手段の1つとして導入が進んでいます。最近は自社にとどまらず、取引先を含むサプライチェーンを構築する機運が高まりつつあります。例えばメーカーなら、部品などを仕入れる調達先企業の流通工程や、製造品を一時保管する倉庫の在庫状況などを含むサプライチェーンの可視化に取り組む企業があります。

 WMSとはWarehouse Management Systemの略で、倉庫管理システムを指します。物流業界を中心に使われる言葉です。

 WMSは倉庫での各種業務を一元管理するシステムです。商品などの入荷や出荷、在庫、棚卸、帳簿発行などを管理する機能を備え、倉庫業務の効率を高める目的で使われます。最近はすぐに納期回答できるよう、リアルタイムで在庫数や出荷可能数を把握できるシステムも増えています。さらには、在庫がいつごろ切れそうか、どの商品の保管期間が長くなりがちかなど調べる在庫分析機能を備えるものも少なくありません。RFIDと呼ぶ非接触技術を使ったシステムと連携し、棚卸の作業時間短縮を図れるものもあります。

 DXにおいてWMSは、サプライチェーンを効率化する手段の1つとして導入が進んでいます。最近は自社にとどまらず、取引先を含むサプライチェーンを構築する機運が高まりつつあります。例えばメーカーなら、部品などを仕入れる調達先企業の流通工程や、製造品を一時保管する倉庫の在庫状況などを含むサプライチェーンの可視化に取り組む企業があります。倉庫を運営する企業は倉庫業務の効率化だけではなく、メーカーなどの取引先に対し、在庫や入出荷状況を可視化する目的でWMSを導入する動きもあります。
1 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る