DX用語集

2022.04.05

メタバース

 メタバースとは、インターネット上の仮想空間を指します。「meta」と「universe」を組み合わせた造語で、直訳すると“超越した世界”となります。

 メタバースに明確な定義はありません。人が集まる仮想空間、バーチャル空間、オンラインなどを呼ぶのが一般的です。「Roblox」や「マインクラフト」といった仮想空間にユーザーが参加するゲームをメタバースと呼ぶこともあります。

 もっともメタバースは新しい概念ではありません。これまでも「Second Life」のような、インターネット上の仮想空間が先行して登場しています。そこでは一般ユーザーだけでなく企業も参加し、ユーザー向けに商品を宣伝したり疑似体験したりするプロモーションなどを展開しています。企業も含めた人同士の交流の場として使われています。

 一方で最近は、メタバースを取り巻く技術が進化しています。これまではPCやスマートフォンを使って仮想空間を体験するのが一般的でしたが、最近はVR(仮想現実)やAR(拡張現実)を取り入れ、ヘッドセット越しにリアルに仮想空間を体験できるようになっています。

 メタバースとは、インターネット上の仮想空間を指します。「meta」と「universe」を組み合わせた造語で、直訳すると“超越した世界”となります。

 メタバースに明確な定義はありません。人が集まる仮想空間、バーチャル空間、オンラインなどを呼ぶのが一般的です。「Roblox」や「マインクラフト」といった仮想空間にユーザーが参加するゲームをメタバースと呼ぶこともあります。

 もっともメタバースは新しい概念ではありません。これまでも「Second Life」のような、インターネット上の仮想空間が先行して登場しています。そこでは一般ユーザーだけでなく企業も参加し、ユーザー向けに商品を宣伝したり疑似体験したりするプロモーションなどを展開しています。企業も含めた人同士の交流の場として使われています。

 一方で最近は、メタバースを取り巻く技術が進化しています。これまではPCやスマートフォンを使って仮想空間を体験するのが一般的でしたが、最近はVR(仮想現実)やAR(拡張現実)を取り入れ、ヘッドセット越しにリアルに仮想空間を体験できるようになっています。

 DXにおいてメタバースは、新サービスを開発するときに踏まえるべき技術として認知されつつあります。「単なる仮想上の話」ではなく、そこではさまざまな可能性が模索されています。メタバースやオンラインに注力する大手IT企業も次々登場しています。DXを進める企業は、新規事業や新サービスを検討する際の選択肢の1つとしてメタバースを視野に入れることが、今後ますます求められるようになるでしょう。
1 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る