DX用語集・書評

    2022.04.20

    「CDP」って何?【1分で解るDX用語集】

    DXに関連する言葉の中には聞きなれない用語が少なくありません。DXを語るなら、まずはそれらの用語をきちんと理解することが不可欠。そこでDX初心者向けに、DXにまつわる基本的な用語をやさしく解説します。今回は「CDP」。

     CDPとはCustomer Data Platformの略で、顧客の属性や行動データをもとに分析するプラットフォームを指します。「カスタマー・データ・プラットフォーム」と呼びます。

     CDPは顧客のさまざまな情報を収集し、分析する用途に使います。CRMが保有する顧客の属性はもちろん、Webサイトやアプリのアクセスログ、アンケートの回答結果、カスタマーサポートへの問い合わせ履歴など、原則として企業が保有するデータを使って分析するのに使います。顧客の属性や嗜好、行動などに応じたマーケティング施策を展開したり、MAなどを使ってクーポンやキャンペーンを実施したりできるようにします。

     顧客の属性や行動データを使って分析するプラットフォームには「DMP」もあります。CDPが特定の顧客データを分析するのに対し、DMPは匿名のデータを使う点で異なります。なお、DMPには「プライベートDMP」と「パブリックDMP」があり、CDPは「プライベートDMP」とほぼ同義で使われます。もっとも厳密には、CDPよりプライベートDMPの方が広義の意味を持ちます。

     DXにおいてCDPは、マーケティング施策を展開する際の分析基盤として導入するケースが目立ちます。CRMやMAツールと連携してデータの収集やキャンペーン実施を効率化する企業も少なくありません。顧客の行動履歴を収集しやすくなったことから、CDPを導入して顧客の行動を分析・把握しようとする企業が増えています。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX用語集・書評