DX用語集

2022.07.21

メタデータ

 メタデータとは、データに関する付帯情報、もしくは付帯情報を記載するデータを指します。

 例えば、ファイルの作成者や作成日、更新日、ファイル容量などの情報がメタデータです。WordやExcelなど、ファイルを作成する多くのアプリケーションがこうした付帯情報を書き込めるようになっています。音声ファイルなら、録音時間や録音場所などを書き込める場合もあります。

 メタデータをもとにファイルを検索したり、散在したファイルを集めたりするといったことが可能です。一方、メタデータを書き込めるものの情報が書き込まれていないファイルも少なくありません。メタデータを使った検索では該当ファイルを必ずしも見つけられないケースがあります。

 メタデータを利用することで、データのセキュリティを強化したりデータを分析したりすることが可能です。

 メタデータとは、データに関する付帯情報、もしくは付帯情報を記載するデータを指します。

 例えば、ファイルの作成者や作成日、更新日、ファイル容量などの情報がメタデータです。WordやExcelなど、ファイルを作成する多くのアプリケーションがこうした付帯情報を書き込めるようになっています。音声ファイルなら、録音時間や録音場所などを書き込める場合もあります。

 メタデータをもとにファイルを検索したり、散在したファイルを集めたりするといったことが可能です。一方、メタデータを書き込めるものの情報が書き込まれていないファイルも少なくありません。メタデータを使った検索では該当ファイルを必ずしも見つけられないケースがあります。

 メタデータを利用することで、データのセキュリティを強化したりデータを分析したりすることが可能です。
1 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る