DX用語集・書評

    2022.08.02

    「メタデータ」って何?【1分で解るDX用語集】

    DXに関連する言葉の中には聞きなれない用語が少なくありません。DXを語るなら、まずはそれらの用語をきちんと理解することが不可欠。そこでDX初心者向けに、DXにまつわる基本的な用語をやさしく解説します。今回は「メタデータ」。

     メタデータとは、データに関する付帯情報、もしくは付帯情報を記載するデータを指します。

     例えば、ファイルの作成者や作成日、更新日、ファイル容量などの情報がメタデータです。WordやExcelなど、ファイルを作成する多くのアプリケーションがこうした付帯情報を書き込めるようになっています。音声ファイルなら、録音時間や録音場所などを書き込める場合もあります。

     メタデータをもとにファイルを検索したり、散在したファイルを集めたりするといったことが可能です。一方、メタデータを書き込めるものの情報が書き込まれていないファイルも少なくありません。メタデータを使った検索では該当ファイルを必ずしも見つけられないケースがあります。

     メタデータを利用することで、データのセキュリティを強化したりデータを分析したりすることが可能です。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX用語集・書評