DX用語集

2022.09.06

SFA

 SFAとはSales Force Automationの略で、営業支援システムのことを指します。エス・エフ・エーと読みます。

 SFAは、営業担当者の業務を管理、支援する機能を備えるのが一般的です。例えば営業担当者がどこに商談に行ったのか、具体的にどんな商談内容(提示内容)だったのか、次回の商談ではどの内容を話すのかなどを入力し、営業の進捗状況を可視化します。各営業担当者の営業内容を部署内で共有することで、上司や周囲が営業内容についてアドバイスできるようにします。

 なお、顧客情報を管理するツールにCRMがあります。SFAとCRMは顧客管理の点で似た機能を備えていますが、SFAは「商談」を軸に案件や顧客を管理するのに対し、CRMは「顧客」を軸に案件や活動内容を管理する点で異なります。もっとも、CRMの中にはSFAのような商談管理機能を備えるものもあります。

 SFAとはSales Force Automationの略で、営業支援システムのことを指します。エス・エフ・エーと読みます。

 SFAは、営業担当者の業務を管理、支援する機能を備えるのが一般的です。例えば営業担当者がどこに商談に行ったのか、具体的にどんな商談内容(提示内容)だったのか、次回の商談ではどの内容を話すのかなどを入力し、営業の進捗状況を可視化します。各営業担当者の営業内容を部署内で共有することで、上司や周囲が営業内容についてアドバイスできるようにします。

 なお、顧客情報を管理するツールにCRMがあります。SFAとCRMは顧客管理の点で似た機能を備えていますが、SFAは「商談」を軸に案件や顧客を管理するのに対し、CRMは「顧客」を軸に案件や活動内容を管理する点で異なります。もっとも、CRMの中にはSFAのような商談管理機能を備えるものもあります。
1 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る