DX用語集・書評

    2022.05.24

    「SLA」って何?【1分で解るDX用語集】

    DXに関連する言葉の中には聞きなれない用語が少なくありません。DXを語るなら、まずはそれらの用語をきちんと理解することが不可欠。そこでDX初心者向けに、DXにまつわる基本的な用語をやさしく解説します。今回は「SLA」。

     SLAとは「Service Level Agreement」の略で、サービス品質保証などと訳します。クラウドなどのサービスを提供する事業者がユーザー(契約者)に対して明示するサービス品質の保証内容を指します。

     クラウドサービス、SaaS、インターネット回線サービスなどを提供する事業者が用いるのが一般的です。例えば、「通信速度は●Mbps以上を保証します」「サービスが停止する時間は●秒以内を保証します」などです。「稼働率は『99.999%』を保証します」などを謳っているサービス事業者は多く、ユーザー(契約者)はSLAをサービスを選定する指標として活用することができます。

     なお、明示した保証内容が守られなかった場合、ペナルティを科すケースもあります。ペナルティを契約内容として明示することもあります。

     DXにおいてSLAは、自社が提供するクラウドやSaaSを保証する指標として使われることがあります。競合サービスと自社サービスでは品質面で何が優れているのかを示す手段として使われます。クラウドやSaaSの利用が当たり前となる中、SLAの重要性は高まりつつあります。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX用語集・書評