DX用語集_DX全般

    2021.09.10

    1分で解る! 今さら聞けないDX用語集【アジャイル開発】

    DXに関連する言葉の中には聞きなれない用語が少なくありません。DXを語るなら、まずはそれらの用語をきちんと理解することが不可欠。そこでDX初心者向けに、DXにまつわる基本的な用語をやさしく解説します。今回は「アジャイル開発」。

     アジャイル開発とは、ITシステムやソフトウエアを開発する手法を指します。“素早い”を意味するアジャイル(agile)という言葉から分かるように、ITシステムなどを短期間で開発するのが特徴です。

     ITシステムなどを開発する場合、これまでは機能などの要件を固めてから、設計、実装、テスト、完成といった手順を踏んでいました。こうした開発手法を「ウォーターフォール開発」と呼び、基幹系システムを中心に多くのITシステムの開発手法として使われてきました。しかし、「完成までに時間がかかる」「完成したと思ったら、当初のイメージと違う」などの課題があります。

     これに対しアジャイル開発では、要件を厳密に固めず、開発途中に要件変更などを繰り返しながら開発を進めます。ITシステムを機能別に細かく分割し、機能ごとに短サイクルで開発することで、開発途中の状況を把握しやすい、柔軟に機能を修正できるなどのメリットが見込めます。もっとも、スケジュールを固めにくい、開発の方向性が不明瞭になりやすいなどのデメリットもあります。

     なおDXにおいてアジャイル開発は、新サービスを開発する際の手法として利用されるのが一般的です。短サイクルで開発するメリットを活かし、変化する顧客ニーズに合う機能を実装できるようにします。消費者などの利用を想定するスマートフォン向けアプリなどでアジャイル開発を利用するケースが目立ちます。
    1 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    DX用語集_DX全般