• TOP
  • ニュース
  • スタディメーター、卒業や資格取得などの証明や経歴、経験をNFTで可視化するサービス - DXマガジン

ニュース

2022.11.18

スタディメーター、卒業や資格取得などの証明や経歴、経験をNFTで可視化するサービス

スタディメーターは2022年11月15日、さまざまな証明情報をNFTとして発行するシステム「Q」を発表しました。学歴や資格取得証明のほか、講座の受講歴やボランティアの参加歴などをブロックチェーンに記録します。個人の経歴や経験をNFTを使って可視化します。

 「Q」は個人の証明情報などをNFTと発行できるWebサイト。さまざまな証明情報を持つ「証明トークン」を発行するのが特徴で、学歴や資格の合格証明などをブロックチェーンに記録します。ブロックチェーンの知識がなくても、証明トークンを容易に発行したり、受け取った証明トークンの一覧を確認したりできます。
図1:「Q」を使えば、証明トークンの発行と受け取りが可能

図1:「Q」を使えば、証明トークンの発行と受け取りが可能

 ブラウザ上での操作のみで簡単に証明トークンを発行できます。
図2:ブラウザ上で情報を入力するだけで証明トークン(N...

図2:ブラウザ上で情報を入力するだけで証明トークン(NFT)を発行

図3:自分が受け取った証明トークン(NFT)を一覧表示

図3:自分が受け取った証明トークン(NFT)を一覧表示

 例えば、大学の卒業証明や資格試験の合格証、セミナーやプログラムの受講履歴、ボランティア活動への参加実績などの経歴や証明、経験をFNTで可視化できます。同社では、就職や入学などの場面で「Q」が使われる用途を見込みます。
図4:「Q」の活用イメージ

図4:「Q」の活用イメージ

 もっとも、証明トークンの発行にはイーサリアムの取引手数料がかかります。そのため、イーサリアムの暗号資産を保有していなければ利用できません。証明トークンの受け取りに費用はかかりません。
あわせて読みたい編集部オススメ記事
12 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る