導入事例

    2022.05.17

    珈琲館とカフェ・ベローチェ計256店が動画を使った店舗運営支援サービス導入/#DX

    「珈琲館」や「カフェ・ベローチェ」を展開するC-Unitedは、動画を活用したマネジメントシステム「ClipLine(クリップライン)」を導入しました。合計256店舗で運用します。導入を支援したClipLineが2022年5月12日、発表しました。

     C-Unitedでは、顧客との接点となるアルバイト従業員が高品質な商品・サービス提供することが欠かせません。しかし、教育は店長などの先輩社員が個別にOJTを実施するため、指導内容にバラツキが生じていました。詳細なオペレーションまで再現が難しいといった課題もありました。

     そこで、店舗マネジメントやアルバイト従業員育成をデジタル化することに踏み切ります。顧客体験の充実や満足度向上を実現することを目的に「ClipLine」を一斉導入を決めました。

     導入にあたり、まずは「珈琲館」90店舗でトライアルを実施しました。その結果、グランドメニューの提供品質の担保や、フェアメニューの出庫数が増加するなど一定の効果があったため、「カフェ・ベローチェ」を加えた2業態全店舗での本導入を決定しました。「珈琲館」90店舗、「カフェ・ベローチェ」166店舗の直営店舗合計256店舗にClipLineを導入します。

     C-Unitedでは例えば、新しいメニューのレシピや調理方法を動画でスタッフ向けに解説したり、フェアメニューのおすすめの仕方をまとめたりする用途で活用します。
    図1:C-Unitedの利用例と成果

    図1:C-Unitedの利用例と成果

    図2:C-Unitedの利用コンテンツ例

    図2:C-Unitedの利用コンテンツ例

     ClipLineは、30秒から1分程度の短尺動画を使い、多店舗・多拠点を展開するビジネスの生産性を向上させるサービス。動画を使ったスタッフ教育のほか、本部から店舗への業務指示、店舗から本部への業務報告、マネージャーと店舗スタッフのコミュニケーションなどにも使えます。
    4 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    導入事例