• TOP
  • ニュース
  • 小学館がAI翻訳技術で英語版マンガを制作、海賊版サイトへのマンガ違法公開軽減に寄与 - DXマガジン

ニュース

2021.11.01

小学館がAI翻訳技術で英語版マンガを制作、海賊版サイトへのマンガ違法公開軽減に寄与

小学館の「マンガワン」編集部は、多言語翻訳システム「Mantra Engine」を導入します。一部の作品の英語版を制作するのに使用します。マンガを違法公開する海賊版サイトの更新停止や作品取り下げなどに寄与できるようにします。システムを提供するMantraが2021年11月1日、発表しました。

 世界的に人気マンガの中には、熱狂的なマンガファンが独自に翻訳し、海賊版サイトなどで違法に公開されるケースがあります。こうした動きは、正規版マンガの販売機会を毀損する可能性があります。そこで同編集部とMantraは、作品の正規翻訳版を制作する取り組みを開始しました。マンガに特化したAI翻訳技術を活用する「Mantra Engine」を使い、高速な翻訳および日英版の同時配信を可能にします。

 具体的には「Mantra Engine」を使い、熱狂的なマンガファンが編集作業をできる環境を提供します。マンガファンはブラウザを使って自動翻訳や組版作業を実施できます。AI技術による翻訳・組版作業の支援機能や、作業者同士のやり取りを効率化する仕組みを利用することで、Mantraによると制作時間を約50%短縮できるといいます。
図1:「Mantra Engine」を使った翻訳版制作画面例

図1:「Mantra Engine」を使った翻訳版制作画面例

 なお翻訳や組版を作業するマンガファンは、Mantraが個別に面談して、協力依頼した人のみが対象です。製作された英語版は、英語圏向けのマンガ配信サービス「Comikey」で日本語版と同時に公開されます。

 第一弾として、「ケンガンアシュラ」「ケンガンオメガ」の正規翻訳版を配信します。この取り組みを受け、当該作品の海外海賊版制作者グループは海賊版制作の停止と公開済エピソードの取り下げを発表しました。今回の取り組みが、海外海賊版の被害軽減に寄与できると期待されます。今後は「ファン翻訳」がサイトブロッキングなどの法的な手段に並ぶ、海外海賊版対策の有効な手法となることを見込みます。
3 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る