MENU

ニュース

日本ユニシスなどが金沢市でMaaSの実証実験、パーソナルデータを使った行動分析も実施

  • URLをコピーしました!

日本ユニシスは2021年12月13日、石川県金沢市でMaaSと移動データの利活用に関する実証実験を開始すると発表しました。北陸鉄道、ホクリクコム、計画情報研究所、エヌシーイーと共同で実施します。住民向けアプリを用意し、移動や消費を促せるかを検証します。

 実証実験では、金沢市の住民向けに「い~じ~金沢パス」と呼ぶ地域アプリを利用します。アプリでは金沢市内の店舗、イベント、スポットなどの情報を提供するほか、クーポンも利用できます。こうした支援策が利用者の外出意欲を創出するかを検証します。各種交通系サービスへのリンクや交通チケット、経路検索サービスなどの情報を提供することで、公共交通機関の利用を促進できるかも検証します。
図1:実証実験の概要

図1:実証実験の概要

 アプリを利用した住民の移動データを検証したり、データを提供する受容性を調べたりする実験も合わせて実施します。データの利用許可を得たパーソナルデータを活用し、行動分析に基づくサービス向上やプロモーション実施なども検証する予定です。  実証実験の期間は2021年12月13日から2022年3月31日まで。実証実験に参加する各社の役割は次の通りです。 日本ユニシス:全体統括、「い~じ~金沢パス」の開発・運用)
北陸鉄道:市内協力事業者との折衝およびプロモーション)
ホクリクコム:データ分析
計画情報研究所:データ分析
エヌシーイー:データ分析  なお、この実証実験は、経済産業省の令和3年度「地域や業種をまたがるモビリティデータ利活用推進事業」に選定されています。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI TV
  • DXセミナー

メルマガ登録

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる