市場動向

    2022.06.28

    iPadをPCに! USBポートやカードスロットを備える拡張ハブ

    iPadは携帯性に優れて便利だが、周辺機器を接続するための拡張性が乏しいのが残念。PC並みにさまざまなデバイスを接続できないものか。そんな悩みを抱える人にオススメなのが、iPadのポートを6つに拡張する専用ハブです。usb3.0やUSB-Cポートを増設できるようになります。

     iPadを携行し、外出先などでも仕事をできるようにしている人は多いのではないでしょうか。一般的なPCより軽量で、かつタブレットなので操作性にも優れます。ビジネス系のアプリを駆使すれば、たいていの業務をiPadでサポートすることだって可能です。

     しかし一方、周辺機器を接続したい場合、対応するデバイスは限られてしまうのが難点です。Bluetoothを使えば、対応マウスやキーボード、イヤフォンなどを接続することは可能です。しかし、USB接続の有線デバイスを接続するのは原則不可能です。デジカメで撮影した写真をSDカードからiPadに取り込みたいといったときも、iPadはSDカードスロットを備えていないため、別途カードリーダーを用意しなければなりません。

     こうした煩わしさを解消し、PC並みに周辺機器を接続できるようにしたい。そんなiPadユーザー向けのデバイスが、社日新広業の「UGREEN 6 in 1 USB-Cハブ」です。
    図1:UGREEN 6 in 1 USB-Cハブ

    図1:UGREEN 6 in 1 USB-Cハブ

     これは、1つしかないiPad Proのポートを6つに拡張するデバイス(ハブ)です。USB 3.0ポートを2基搭載するほか、充電可能な100W USB-Cを1基搭載します。さらに、SD/TFカードを同時に読み込めるカードスロット、3.5mmオーディオポートを用意します。
    図2:6つの拡張ポートを備える

    図2:6つの拡張ポートを備える

     これなら例えば、PCで普段接続しているUSB接続のマウスやキーボードをiPadで利用することが可能です。Bluetoothで接続できないデバイスを有線接続して使えるようになります。

     USB-Cポートは、PD 3.0 100Wの電力を供給し、急速充電に対応します。12.9インチのiPad Proなら約3.0時間、11インチのiPad Proなら約2.5時間で満充電が可能です。
    図3:有線デバイスやSDカードなどを同時に利用可能

    図3:有線デバイスやSDカードなどを同時に利用可能

     iPadのほか、MacBookやAndroid搭載スマートフォンでも利用できます。
    図4:iPad以外のデバイスでの利用も可能

    図4:iPad以外のデバイスでの利用も可能

     クラウドファンティングサイト「Makuake」で、2022年6月30日から2022年7月30日まで販売します。配達完了は9月下旬です。

     価格は次の通りです(すべて税込み)。
    【デビュー割 39%OFF】「UGREEN 6 in 1 USB-Cハブ」×1個 7980円 先着50人限定
    【超超早割 35%OFF】「UGREEN 6 in 1 USB-Cハブ」×1個  8503円 先着100人限定
    【2セット超超早割 37%OFF】「UGREEN 6 in 1 USB-Cハブ」×2個  1万6483円 先着30人限定
    【3セットデビュー割 39%OFF】「UGREEN 6 in 1 USB-Cハブ」×3個  2万3940円 先着20人限定
    関連リンク
    UGREEN GROUP LTD
    商品の予約購入先(※登録後、キーワード「ハブ」を送付ください)
    あわせて読みたい編集部オススメ記事
    13 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向