市場動向

    2022.07.04

    キーボードやマウスを30分でUV除菌可能なデスクボード

    コロナのまん延を機に、多くの人が衛生面に気を付けるようになりつつあります。手に取ったり触ったりするものにも気を使い、アルコールなどで徹底的に除菌する人も少なくないでしょう。ビジネスマンに限れば、キーボードやマウスを除菌できればと思っている人も多いはず。今回はそんなビジネスマン向けの除菌グッズを紹介します。

     新型コロナウイルス感染症やインフルエンザに限らず、これからは食中毒も気になる季節。人々の“除菌”への意識はより高まっています。中でもビジネスマンは、普段触ることの多いキーボードやマウスの衛生面を気にしているのではないでしょうか。オフィスのPCはもとより、テレワークで在宅勤務する人であれば、自宅PCのキーボードやマウスが「不衛生」と思っている人も多いはず。

     こうした人にオススメなのが、キングジムが2022年7月4日に発表した「UV除菌デスクボード UD550」です。紫外線を照射することで、キーボードやマウスを簡単に除菌できます。
    図1:「UV除菌デスクボード」UD550

    図1:「UV除菌デスクボード」UD550

     紫外線の中でも特に強い除菌作用のある「UV-C」と呼ぶ光を照射し、本体収納部に入れたキーボードなどを約30分間で除菌します。除菌中に遮光板を開けると、自動的にUV-C照射が停止する仕組みのため、安全性にも配慮しています。
    図2:「UV-C」を照射して除菌する

    図2:「UV-C」を照射して除菌する

     本体は、PCモニタを置く台としても利用可能です。台として活用すれば、PCモニタ位置が低いことによる作業者の姿勢悪化を防止できます。「PCモニタの位置が高くなることで目線が自然と上がり、作業中の姿勢の改善をサポートします。
    図3:PCモニタの台として利用可能

    図3:PCモニタの台として利用可能

     さらに、本体収納部にキーボードやマウスを収納しておくことも可能です。これによりデスク上の作業スペースを確保しやすくなります。なお、収納部には幅約475ミリメートル×高さ約45ミリメートルまでの物を収納できます。
    図4:キーボードやマウスを収納すれば作業スペースも確保

    図4:キーボードやマウスを収納すれば作業スペースも確保

     製品の価格は1万8000円(税別)。「Makuake」で予約販売を開始し、発売は2022年10月を予定します。同社では初年度に3000台の販売目標を掲げます。
    図5:「UV除菌デスクボード UD550」の概要

    図5:「UV除菌デスクボード UD550」の概要

    あわせて読みたい編集部オススメ記事
    14 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向