MENU

ニュース

ChatGPTが30秒でWebアプリを自動生成、サービス公開1週間で5万のアプリ誕生

  • URLをコピーしました!

ミリオンダウトは2023年4月20日、Webアプリを30秒で自動生成するサービス「GPTAPP」を使ったユーザーにより、公開1週間で約5万個のWebアプリが生成されたと発表しました。同社は合わせて、AIを活用した開発やコンサルティングサービス「GPT X」の提供開始も発表しました。

 「GPTAPP」はWebアプリを自動生成するサービス。最大の特徴は、ChatGPTを使って30秒ほどで自動生成される点です。ユーザーが欲しいWebアプリの説明を書くだけ、説明に沿うWebアプリが生成されます。  「GPTAPP」は無料で利用でき、Webサイトにはユーザーがこれまで生成したWebアプリ(Webアプリの説明)が一覧で掲載されています。説明文をタップすれば、他のユーザーが生成したWebアプリを使うこともできます。 「GPTAPP」
https://cgptapp.com/
図1:「GPTAPP」の画面サンプル

図1:「GPTAPP」の画面サンプル

欲しいアプリに関する説明を入力し、「作る」をタップすると、約30秒でWebアプリが完成する
 なお同社は「GPTAPP」公開の反響を受け、今後はAIを活用した開発やコンサルティングの統合サービス「GPT X」を提供開始する予定です。ChatGPTのAPIを使ったサービス開発、ChatGPTを効果的に利用するためのプロンプトエンジニアリングのコンサルティング、ChatGPTをはじめとする生成AIによるコンテンツを組み込んだサービスの開発などを支援していく考えです。
あわせて読みたい編集部オススメ記事

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI TV
  • DXセミナー

メルマガ登録

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる