• TOP
  • ニュース
  • 黒毛和牛専門店が配膳ロボット導入、店員の休日の移動距離は12kmから7kmに減少 - DXマガジン

ニュース

2022.12.29

黒毛和牛専門店が配膳ロボット導入、店員の休日の移動距離は12kmから7kmに減少

九州黒毛和牛専門店「薩摩の牛太」は、配膳ロボット「Lucki」を導入しました。愛媛県大洲市にある大洲店で運用を開始します。配膳ロボットを提供するオリオンスターテクノロジーが2022年12月27日、発表しました。

 「薩摩の牛太」ではこれまで、スタッフが配膳、下げ膳などの作業を実施。その作業量に苦労していました。

 そこで配膳を実施する専用ロボットを導入。配膳から下げ膳まで一貫した支援が可能です。決められたテーブルに食材や飲料を安定的に運べるのはもとより、障害物や人を自動で避けて通行することも可能です。
図1:摩の牛太が導入した配膳ロボット「Lucki」

図1:摩の牛太が導入した配膳ロボット「Lucki」

 同店は配膳ロボット「Lucki」を選んだ理由として、デザインがシンプルで使いやすい点、初期導入費が安価な点を評価しました。

 「Lucki」導入により、店内スタッフの休日の歩行距離は7kmに減ったといいます。「Lucki」導入前は12kmも歩行していました。配膳や下げ膳といった往復業務から解放されるため、接客の仕事により集中できるようになったのもメリットです。
あわせて読みたい編集部オススメ記事
7 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る