MENU

sn

【日本のうな重は最先端バイオ!?】インターナショナルなうな重発見!イスラエル企業がバイオテクノロジーな培養ウナギを開発

  • URLをコピーしました!

イスラエルに本社を持つバイオ系スタートアップ企業フォーシーフーズは2024年1月22日、バイオな視点で開発したうな重の開発に成功し、試作品を公開しました。天然のニホンウナギが持つ身の柔らかさ、しっとりした食感、重厚な旨味を再現しています。

フォーシーフーズは、培養した魚肉の開発を行う企業。魚介類の個体数減少を断ち切ろうというミッションを掲げ、バイオテクノロジーエンジニアであるロイ・ニアー氏らが、イスラエル・イノベーション庁などのバックアップにより2021年に設立しました。

同社が強みとするのは、魚肉となる魚の筋肉組織と脂肪組織の培養です。培養環境を整えることで、魚肉の構造が自発的に形成されます。

バイオな視点で開発したうな重の試作品は、ヴィーガンレストラン「菜道」の楠本勝三シェフが担当。楠本シェフは、「ウナギはいつの時代も変わることなく日本人に愛されています。しかしながら、より持続可能なアプローチが必要だという意識の広がりに、日本人のウナギ愛も影響を受けています。環境へ配慮をしつつ、人々が伝統あるウナギ料理を堪能できるよう、新進のイノベーターの皆様と力を合わせ共に歩む道は刺激的で、これから生み出す新しい食の形に期待を寄せています」とコメントしています。

ウナギは乱獲により絶滅の危機に瀕しています。アジアだけでなく、ヨーロッパやアメリカでも絶大な人気を誇り、サプライヤーは増加する需要に応えるために多大な苦労を強いられています。これにより価格は高騰し、供給の規制が設けられたり、不法取引が横行したりしているのが現実です。

フォーシーフーズのロイ・ニアー氏は「今回の発表を迎えられたことは、培養した海産物を美味しく提供するという目標のもとに歩んできた私たちにとって、大きな躍進を遂げたことを意味します。フォーシーフーズは世界で初めて培養ウナギを開発し、アジアの上質な伝統料理と斬新な技術の融合を実現させました。それは水生生物にこれ以上の負荷を与えずに、人々に本物のシーフードの味覚を提供できるということです」と述べています。フォーシーフーズは、2025年にこの培養ウナギの販売開始を目指しています。

培養ウナギを使ったうな重と握り寿司、太巻き
(出典:Forsea Foods Ltd.)
培養ウナギを手掛けるイスラエル企業フォーシーフーズの創業者たち
(出典:Forsea Foods Ltd.)
シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI TV
  • DXセミナー

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントを毎月約100本以上発信中!!
ご登録はこちらから!

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる