MENU

sn

【あの女性歌手たちが歌った昭和の井上陽水名曲5選】毎週ベスト10を楽しみにしていた、昭和の格好いい陽水作詞作曲ヒット曲

  • URLをコピーしました!


1980年前後の昭和歌謡の時代に、ラジオやテレビで数多くの女性歌手が素晴らしい歌声と個性で、世を魅了してました。特に音楽番組「ザ・ベストテン」は、毎週、豪華歌手が登場し、その歌声にお茶の間を皆夢中にしました。そんな時代の個性的で魅惑的な女性歌手たちに、井上陽水は作詞作曲して提供してました。
女性歌手たちの個性的な魅力と井上陽水の独特な世界観が相まって、昭和の音楽カルチャーを盛り上げました。で、今回1980年前後に井上陽水が作詞作曲を手掛けた女性歌手の名曲5選をお送りします。

「ダンスはうまく踊れない」(石川セリ)

出典:Amazon.co.jp

石川セリの「ダンスはうまく踊れない」は、1977年(昭和52年)にリリースされたヒット曲で、井上陽水が作詞・作曲を手掛けました。この楽曲は、ダンスが上手くいかないという表面的な意味を超え、人間の不器用さや心の葛藤を繊細に描き出しており、多くの人々の共感を呼んでいます。30万枚を超えるヒットとなり、長年にわたって愛され続けています​​​​。この曲のリリースの翌年、石川セリと井上陽水は結婚しました。

「夢の中へ」(斉藤由貴)

出典:Amazon.co.jp

斉藤由貴の「夢の中へ」は、1989年(平成元年)にリリースされたシングルです。井上陽水が歌うオリジナルバージョンがリリースされた1973年(昭和48年)から、16年の時を経てのカバーとなりました。斉藤由貴バージョンは、ハウスミュージックを取り入れた斬新なアレンジが特徴で、かわいらしいアイドルソングとして40万枚のヒットを記録しました。

「飾りじゃないのよ涙は」(中森明菜)

出典:Amazon.co.jp

中森明菜のシングル「飾りじゃないのよ涙は」は、1984年(昭和59年)にリリースされました。井上陽水が提供したこの楽曲は、中森にとってアイドルからアーティストへの転機となった1曲と評されています。歌詞は、泣いたことがないという女性が「好きだと言ってるじゃないの」と涙を浮かべる情景を描き、その感情の強さを強調しています。多くの音楽番組で披露され、高い人気を博しました。

「クレイジーラブ」(山口百恵)

出典:Amazon.co.jp

人気絶頂の中、突如引退した山口百恵。マイクを置いてステージを去った最後のコンサートは伝説になっています。「クレイジーラブ」は、そんな山口百恵の引退後となる1980年(昭和55年)発売のアルバム「This is my trial」に収録された楽曲です。歌詞は、夏の終わりや夜、星空のもとで、恋の不確かさやはかなさを感じながらも、その熱狂的な愛情に心が引き裂かれる感情が表現されています。

「ステキな恋の忘れ方」(薬師丸ひろ子)

出典:Amazon.co.jp

薬師丸ひろ子が歌う「ステキな恋の忘れ方」は、1985年(昭和60年)にリリースされたシングル曲です。女優として、歌手として多くのファンを魅了する薬師丸ひろ子。「ステキな恋の忘れ方」は、同年公開の薬師丸ひろ子主演のヒット映画「野蛮人のように」の主題歌です。歌詞は、失恋の痛みを乗り越え、前向きに進む決意を表現しています。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI TV
  • DXセミナー

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントを毎月約100本以上発信中!!
ご登録はこちらから!

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる