MENU

DX用語集

自然言語処理

  • URLをコピーしました!

自然言語処理とは、人が日常的に使う言語をコンピューターが理解し、処理する技術を指します。テキストデータや音声データなどの言語情報をコンピュータが解釈し、意味を理解したり、応答したりする能力も指します。英語では「Natural Language Processing」、「NLP」と呼びます。

自然言語処理は機械翻訳、テキスト解析、質問応答システム、感情分析、文書分類、自動要約などのシステムに用いられます。ビジネスで使われるのはもちろん、医療や教育、情報検索などのさまざまな分野で利用されています。

自然言語の処理には、文法や意味、コンテキストなどの言語の特性を理解し、まずは言葉の意味を抽出します。その後、テキストデータをトークン化し、単語やフレーズを分割し、品詞を割り当てます。さらに、構文解析や意味解析を行い、文の構造や意味を理解します。

最近は技術の進化により、深層学習やニューラルネットワークを用いたモデルが広く使用されています。これらのモデルは大規模なデータセットから学習し、自然な言語のパターンや構造を獲得します。そのため、より正確で柔軟な自然言語処理システムが実現されつつあります。より複雑な言語にも対応できるようになっています。

さらに、技術進化によってコンピュータが人間の言語をより効果的に理解し、情報処理やコミュニケーションの効率を向上させることが可能になります。これにより、人間とコンピュータのインタラクションが自然になり、さまざまな分野で新たな可能性を模索する動きも加速しています。

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • 週刊SUZUKI
  • SUZUKI TV
  • DXセミナー

メルマガ登録

DXマガジンでは、DX成功のヒントを毎月約100本以上発信中!!
ご登録はこちらから!

メールアドレス (必須)

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから。

問い合わせる