• TOP
  • ニュース
  • エイネットがWeb会議システムの新版発表、録画データから字幕を自動付与する機能を追加 - DXマガジン

ニュース

2022.10.21

エイネットがWeb会議システムの新版発表、録画データから字幕を自動付与する機能を追加

エイネットは2022年10月13日、Web会議システム「LiteFreshVoice」の新版を発表しました。録画した映像の音声をもとに字幕を付与する機能を追加するなど、利便性を向上しました。

 「LiteFreshVoice」(ライトフレッシュボイス)は、Webブラウザを使って利用するクラウド型のWeb会議システム。任意の会議室名を付けたURLを設定し、相手にURLを伝えるだけで会議を始められる簡単操作を売りにします。
図1:「LiteFreshVoice」の申し込みページ

図1:「LiteFreshVoice」の申し込みページ

 新版では録画データの音声を認識し、動画に自動で字幕を付与できるようにしました。動画編集で字幕を付与するといった手間なく、字幕を挿入した動画を配信したり社内で共有したりできます。なお音声のテキスト化には、「Google Cloud Speech-to-text」と呼ぶAIを使った音声・テキスト変換テクノロジを採用。音声を正確にテキスト変換できるようにしています。

 そのほか、設定画面からデバイスのテストやヘルプボタンを確認する機能も追加。利用者の使い勝手を向上させました。

 対応WebブラウザはWindowsの場合、「Google Chrome」と「Microsoft Edge」、Macとスマートフォン/タブレットの場合、「Google Chrome」です。

LiteFreshVoiceの価格はWeb会議1同時開催で月額1万6500円、2同時開催で月額2万3100円、3同時開催で月額4万6200円です(すべて税込み)。
あわせて読みたい編集部オススメ記事
7 件

人気記事

ピックアップ

用語集

全用語もしくはお調べになりたい用語の「頭文字」からお探しください。


ニュースレターはコチラ

最新のDX情報を定期的にお届けいたします。ご希望の方は下記フォームより必要事項をご記入ください。
メールアドレス  *
*必須事項

お問い合わせ

取材のご依頼やサイトに関するお問い合わせはこちらから

トップへ戻る