導入事例

    2022.07.31

    西鉄ストアが無人決済システム導入、福岡で無人店舗をオープン

    西日本鉄道は2022年7月25日、福岡県福岡市に無人店舗をオープンすることを発表しました。西鉄ストアが運営する店舗に無人決済システムを導入します。オフィスビル内にオープンし、近隣で働く人が気軽に買い物できるようにします。

     西鉄ストアが導入した無人決済システムは、東芝テックが提供するシステム(TOUCH TO GO開発)。天井に設置する複数台のカメラが入店や、入店者が手に取った商品の内容を認識します。出口に設置するディスプレイに商品の合計金額も表示します。支払いはクレジットカードか交通系ICカードで無人精算します。
    図1:西鉄ストアがオープンした無人店舗の様子

    図1:西鉄ストアがオープンした無人店舗の様子

     無人店舗は福岡市中央区赤坂の三井住友海上福岡赤坂ビル内にオープンします。ビル内で働く人にとっては、休憩時間中に昼食や飲料、雑貨などを短時間に購入できるのがメリットです。なお、店舗面積は約7平方メートル(約2.1坪)。商品はレガネットキュート赤坂門店から1日3回補充されます

     西鉄ストアは今後、多種多様な形態の店舗、品ぞろえ、売り場づくりの研究、展開を進めます。顧客のさまざまなニーズに応え、親しまれるスーパーマーケットを目指します。
    あわせて読みたい編集部オススメ記事
    7 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    導入事例