人材・組織

    2022.02.01

    エネルギーマネジメントに数理最適化を使いこなすGX人材育成へ、アイデミーがeラーニング用コンテンツを提供開始

    アイデミーは2022年1月31日、教育コンテンツ「数理最適化を用いたエネルギーマネジメント実践」を発表しました。GX(グリーン・トランスフォーメーション)人材育成を目的とするコンテンツで、同社が提供するeラーニング「Aidemy Business」から提供します。

     「数理最適化を用いたエネルギーマネジメント実践」は、数理最適化を用いたエネルギーマネジメントの学習に取り組むエンジニア向けコース。ビルや工場、地域などのエネルギーを見える化し、効率的に使用するための“エネルギーマネジメント”について理解を深め、カーボンニュートラルをはじめとしたGX(グリーン・トランスフォーメーション)への実務に利用することを想定した内容です。

     実際の演習も用意します。NTTデータ数理システムが開発する数理最適化パッケージ「Numerical Optimizer(※)」とPythonを使い、例題の解決に取り組みます。「Numerical Optimizer」は、金融工学やマーケティングの問題解決に使われる汎用数理最適化パッケージで、パッケージを開発するNTTデータ数理システムの担当者がコースの講師も務めます。

     なお、同社が提供するeラーニング「Aidemy Business」は、最先端領域の知識を学習することを目的としたeラーニングプラットフォーム。自社の人材を、最先端の知識を持つDX/GX人材へとリスキリング(職業能力の再開発)し、企業の強い組織づくりを支援します。
    図1:Aidemyの画面例(コードを書きながら学習する問題)

    図1:Aidemyの画面例(コードを書きながら学習する問題)

    図2:Aidemyの画面例(Aidemy Busine...

    図2:Aidemyの画面例(Aidemy Business 利用者向けの管理画面)

     Aidemy Businessの特徴は次の3つです。

    ・豊富な学習コンテンツ
    AIやDXなどの最先端テクノロジ、カーボンニュートラル、GXに関連する知識、今後必要とされるコンテンツを豊富に用意。

    ・ポジション別カリキュラム
    学習効果を最大化するため、企画職向け、管理職向け、技術職向などのポジション別の学習カリキュラムを用意。

    ・成果を最大化するサポート体制
    学習進捗の可視化、理解度チェックテスト、データ出力などの機能を用意。専任のカスタマーサクセスが学習をサポート。
    4 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    人材・組織