市場動向

    2022.07.12

    節電や停電対策に最適 バッテリー容量27万3000mAhのポータブル電源

    急な雷や豪雨が十分起こりうる季節。テレワークで自宅作業する人にとっては、突然の「停電」にも気を付けておきたいところ。今回は、そんないざというときに役立つアイテムを紹介します。

     毎年7月から8月にかけて増える集中豪雨。中には雷を伴い、急な停電を招くこともありえます。デスクトップパソコンを使用する人にとっては、突然の停電で作業途中の資料が消えてしまった、なんてことも起こりえます。パソコンがショートし、起動すらできなくなったというケースすら起こりえます。

     こうした不測の事態に役立つのが、サウスオブマーケットが2022年7月7日に発表したポータブル電源「MONTEK X-1000」です。持ち運び可能なポータブル電源で、自宅などの屋内はもとより、屋外でも気軽に「電源」を確保できるようになります。
    図1:場所を問わず電源を確保できる

    図1:場所を問わず電源を確保できる

     特徴は、ソーラーパネルを使った太陽光発電に対応する点。本体はアタッシュケース型で持ち運びしやすく、ソーラーパネルもケース内に格納できます。使用するときだけパネルを開き、使わないときは畳んで収納できます。なお、電源ケーブルやUSBケーブルなどもケース内に収納しておくことができます。
    図2:ソーラーパネルやケーブル類をケース内に収納可能

    図2:ソーラーパネルやケーブル類をケース内に収納可能

     もちろんACアダプタを使った充電も可能です。ACアダプタを使う場合、5.5時間でフル充電でできます。バッテリー容量は27万3000mAh。一般的なスマートフォンのバッテリー容量が5000mAh程度であることを考えると、PCの電源としても十分使えます。同社によると扇風機なら22時間、照明なら90時間、ミニ冷蔵庫なら14時間まで稼働させられるそうです。
    図3:ノートPCなら17回のフル充電が可能

    図3:ノートPCなら17回のフル充電が可能

     本体重量は11.5Kg(パネルは1.9Kg )とやや重いものの、屋外でのイベント実施やセミナー開催時の補助電源としての用途にも向きます。
    図4:本体サイズは475(幅)×406(高さ)×120...

    図4:本体サイズは475(幅)×406(高さ)×120mm(奥行)

     価格は16万9800円(税込み、送料込み、一般限定予定価格)です。先着20人に限り、数量限定で9万9900円から販売します。なお、本製品はMakuakeで2022年7月7日より販売開始します。

    製品概要
    【バッテリー】
    バッテリータイプ:大容量ポーチリチウムポリマーNCMバッテリーパック
    サイクル回数:2000回以上
    バッテリー容量:1010Wh (273,000mAh)
    フル充電所要時間:5.5時間(ACアダプタ充電時)

    【パワー(出力)】
    AC出力(×2):100-120V/220-240V、50/60Hz 1000W,サージ電圧 2000W
    DC出力(×2)コネクタ:5.5×2.1mm:12V 7A 最大DC出力(×2)
    コネクタ:5.5×2.5mm:12V 10A 最大
    シガーソケット出力:12V 10A 最大
    USB-A出力(×2):5V 3A, 9V 3A, 12V 1.5A
    USB-C出力(×1):5-9-12-15V 3A, 20V 5A
    LEDライト:3W SOSモード

    【パワー(入力)】
    DC入力:12-70V 12A (最大360W)
    AC入力:100-240V 210W
    あわせて読みたい編集部オススメ記事
    13 件
    〈 1 / 1 〉

    Related

    市場動向